ポケットファームどきどき

せいパパですhappy01

茨城町にある

農園を中心に様々な体験が出来る施設が

ポケットファームどきどきです。

無農薬・無化学肥料栽培を

目指した農園を中心に

自然・農業・食べ物を

体験を通して学ぶ事を

提供する施設です。

農園で収穫した野菜は

園内の直売所のフャーマーズポケットで

販売しています。

森の家庭料理レストランの

食材としても使われています。

ポケットファームどきどき

駐車場の傍らにひと際

目をひく小屋があり

せい君が覗き込むと

無言です・・・じっと中を見ています。

私も覗いてみると「ブタ」です!

気持ち良さそうに寝ていますね~。

小屋には「ららのうち」と書いてます。

ららちゃんって名前なんですね

カワイイかも!

せい君が楽しめる所を探しに

園内の散策を始めました。

遊具がある場所を発見!

かなりチープな感じです・・・。

図鑑などの本があって

せい君は恐竜の本を持って来て

パパ読んで~と言って来ましたが

何だか暑くなって来ました・・・。

せい君は私の傍にくっついて

恐竜の本を読んでいたけど

せい君の体温がプラスされ

かなり蒸し暑くなって来ました

それもそのはずです

ここはビニールハウスの中の様です

入って来る時何だか変だな~と

感じたけど、これは蒸し風呂ですよ!

それでも恐竜の本を

私は読まされています

読みながらも私の頭の中は

ここから出たいという気持ちでいっぱい!

せい君も暑くなって来たのか

違う所に行きたいと言って来ました

待ってましたその言葉!

隣りのハウスにはボロボロの

卓球台が数台置かれていました・・・。

バーベキュー場もあったけど

私の眼が釘付けになったのは

手前のトイレの外壁の絵です!

ドアが沢山あるんだな~と

思っていたら

近づくと一枚だけ本物のドアで

後は絵でした。

この手作り感がにじみ出てる所は

私しは嬉しかったですね~。

ジャブジャブ池と案内看板があったので

もちろん行ってみました!

ハンモックがあるではないか

こんな所で遭遇するとは思っていませんでした。

でも大人は乗らないで

みたいな事が書かれていたので

せい君だけハンモックに乗せてあげましたが

予想外にバランスを取るのが

難しいらしく、すぐに降りたいと

言い出す始末です貴重な体験なのに・・・。

せい君はハンモックで楽しむ事も無く

ジャブジャブ池に入りましたが

水が冷たい!

さっきは暑くて今度は冷たい

しかも池の底はコケが生えてるらしく

ヌルヌルして滑り易い!

走ったりしたらビッチョビチョ確定ですよ。

池にも長居せずにこの場所を後にして

さらに奥の

「どきどき小さな動物村」へ移動

動物が全く見当たらないです

こっちもあっちも!

小屋の中でゴソゴソと音がするので

近づいてみました

ヤギ発見です。

イベント案内の看板を

良く見ると今日のふれあいイベントは

終了していました残念。

少しだけ遊具があったので

いつもの様に、せい君遊んでいます。

かなりマニアックな所ですが

ポケットファームどきどきが掲げる

目標は素晴らしいです!

内容で勝負する所が素敵です。

詳しくはHPを見てね!

ポケットファームどきどき

茨城町下土師字高山1945

TEL 029-240-7777

営業時間 9:30~17:30

定休日 毎週水曜日(臨時開園日あり)

ポケットファームどきどきHP→こちら

大きな地図で見る

にほんブログ村 地域生活ブログ 茨城情報へ FC2 Blog Ranking

   ↑        ↑

いつも応援ありがとうございます。

今日の1曲はこれ!

| | コメント (28)

親沢公園

せいパパですhappy01

茨城町涸沼の

親沢の鼻にある

キャンプ場を併設した公園が

親沢公園です。

名勝 親沢

松が生い茂る涸沼の

古くからの景勝地です。

親沢に伝わる話

昔、老人が一人親沢に住んでいました。

貧乏で子供も無く

親沢に生えていた一つ葉の松を

子供かわりに育て

村の人は、その松を

「親沢の一つ松」と呼んでいましたが

その後枯れてしまい野生の松を

この地に植えて後世に伝えていた。

その後、親沢を訪れた

徳川光圀は、この話を聞き

「子を思う涙ひぬまの一つ松

波にゆられて幾世へぬらむ」と

歌を詠みました。

現在は松が生い茂る

親沢公園に歌碑がありますが

多くのキャンパーが楽しんでいたので

松林の中には入れなく

歌碑を写真に収めることは

出来ませんでした・・・。

親沢公園

周囲は砂浜になっています。

こちらは公園の東側ですが

砂浜が小さい!

足元には貝殻が沢山散乱していて

拾ってみると全てシジミでした

さすがヤマトシジミの漁獲高が

日本有数なだけありますね。

結構波も荒く荒涼とした感じがします。

猫の額ほどの砂浜で

せい君と一緒に砂で

山を作り始めましたが

砂が少な過ぎです・・・。

それでも何とか山を3個作って

移動しました。

西側の湖岸に移動しました

こっちは別世界ですよ!

さっきまでの荒涼とした風景から一変

何とも言えない極楽のような

静かな佇まいを涸沼は

見せてくれました。

綺麗だね~と

せい君は喜んで砂浜へ

駆け寄り波打ち際で遊び始めましたが

さっきの浜と言い

こっちの浜でも水の中に

入ろうとしないのです。

水に入らないの?と聞くと

せい君は

「すぐそこから深くなってるよ」と言って

少しだけ入って見せてくれました。

急激に砂浜が落ち込んでいるので

深くは無いですが

せい君の背丈では、かなり深そうな

感じでした。

せい君夏の間、伊達に海にで遊んでいた訳では

無いようです知らず知らずの内に

浅い深いを体で覚えた様です!

穏やかな空の下で

せい君は思いっきり

砂浜に大きな穴を開けています・・・。

何処まで掘れば気が済むのか

この後もず~と掘り続け

巨大な穴を作り上げてしまいました・・・。

せい君は海パン姿ですが

涸沼は湖水浴が出来るのです!

今回も思いっきり遊んでしまいましたね~。

親沢公園

茨城町上石崎4144-4

TEL 茨城町商工観光課 029-240-7124

親沢キャンプ場 使用料などこちら

にほんブログ村 地域生活ブログ 茨城情報へ FC2 Blog Ranking

   ↑        ↑

いつも応援ありがとうございます。

今日の1曲はこれ!

| | コメント (16)

網掛公園

せいパパですhappy01

茨城町の東部に涸沼(ひぬま)と言う湖があり

南岸に小さいですが網掛公園があります。

涸沼に小さく突き出た弁天の鼻と呼ばれる

小さな岬になっていて

眺めは良いですよ。

涸沼

周囲 22km

平均水深 約2m 

涸沼は縄文時代の頃は

縄文海進により現在よりも

水位が高く海水が流れ込んだ

内海になっていたそうです。

その後海水面が下がり

堆積物で堰き止められて

現在の形になりました。

湖沼法では涸沼は湖沼ですが

国や県の見方は

涸沼は涸沼川の

一部だと位置づけられています。

潮の満ち引きで海水が

流れ込む汽水湖として有名です!

昔から交通の要所であり大久保利通が

運河を造ろうとしたしたそうですが

暗殺された為に工事は途中で

終わってしまいました。

現在は護岸整備や干拓が進み

昔ほど自然に恵まれた環境では

ありませんが色濃く自然が残っています。

涸沼の特徴は満潮時に

那珂川を逆流してきた海水が

入り込むため全国的にも

珍しい汽水湖で関東では

涸沼は唯一の汽水湖になっています。

淡水と海水が交じり合う為に

他では見られない自然を楽しむ事が出来

漁獲高が全国4位

ヤマトシジミは粒が大きく

全国的にも有名な産地になっています。

ヒヌマイトトンボ

涸沼で発見された

汽水を好む珍しいトンボです

ここ涸沼で発見された為に

ヒヌマイトトンボと名付けられましたが

その後全国各地で発見されていますが

貴重な生物には変わりは無いです!

魚類も汽水ならではのバリエーションの多さで

海水と淡水どちらの魚も生息して

多くの釣りファンで賑わっています。

魚類や植物の種類が豊富な為に

水鳥が多く生息していて

現在では80種類以上

鳥類が確認されています。

網掛公園

涸沼の弁天の鼻に造られた公園です。

遊具の数は少ないですが

緑の絨毯を敷き詰めたような公園です。

せい君は早速始めてみた遊具に

駆け寄り靴を脱いで

楽しんでいます!

頑張って最後まで進んで

今回もチャレンジ成功です!

これは何だろう?

せい君も不思議そうに眺めていますが

私にもさっぱり分からない代物です・・・。

こちらも始めて見る木製の遊具です。

雑草が多く茂っているので

ピョンピョンとバッタが

飛び跳ねていて

せい君の前にピタリと止まりました

せい君そっと捕まえようとしていますが

バッタは捕まるものかと

逃げてしまいました・・・。

せい君と二人で草むらの中を

バッタを探して走り回り

ヘトヘトです・・・。

手にはゲットしたバッタを持っています。

子供の頃は草むらの昆虫を

探すのは得意でしたが

大人になると何処にバッタが居るのか

草とバッタの見分けが全く出来ませんでした・・・。

この道の左側の小さな丘に東屋があって

その先に階段があり登ると

そこには大きな涸沼が

私達を出迎えてくれました。

広くて気持ちが良いです!

とても小さな公園ですが

子連れで、のんびり散策するには

十分な公園でした。

網掛公園の地図は→こちら

にほんブログ村 地域生活ブログ 茨城情報へ FC2 Blog Ranking

   ↑        ↑

いつも応援ありがとうございます。

今日の1曲はこれ!

| | コメント (20)