大儀寺

せいパパですhappy01

大儀寺(だいぎじ)は鉾田市の大洋地区にある

松尾芭蕉と親交が深かった仏頂禅師

再興した寺です。

現在は俳句のイベントを行い

全国各地から俳人が集まる俳句寺として

有名です。

仏頂禅師は鹿嶋市の根本寺の

住職でしたが1684年に

荒廃した大儀庵に本堂や山門などを

建て住職になり再興に努めました。

松尾芭蕉は鹿島詣の際

仏頂禅師を訪ね鹿嶋市の根本時に来て

俳句を読んだと言われていますが

大儀寺にも根本寺と同じ句碑が

存在しています。

松尾芭蕉は根本寺と大儀寺の

どっちに来て俳句を読んだのか

論議された時期もありましたが

現在では大儀寺に来たのではないかと

言われています。

句碑には根本寺と同じ

「寺に寝てまこと顔なる月見哉」

刻まれています。

その他にも境内には

所狭しと全国から募集した

現代俳人の句碑が並んでいます。

松尾芭蕉

奥の細道で有名な俳人ですね。

江戸時代初期の1644年に

現在の三重県伊賀市に生まれました。

1686年、芭蕉43歳の春

「古池や蛙飛びこむ水の音」

音を俳句の中に取り入れ

広がりのある表現力で

俳句を芸術の域にまで発展させた俳句を

発表しました。

1687年「鹿島詣」大儀寺に立ち寄りました。

1689年「奥の細道」の旅に出発し

平泉で

「夏草や兵どもが夢の跡」

立石寺で

「閑さや岩にしみ入蝉の声」

など有名な俳句を詠みました。

松尾芭蕉は伊賀出身だったので

忍者では無いかと言われています。

当時、俳人は旅をして暮らしていたので

情報収集をしていたとも言われていて

松尾芭蕉も仙台藩の情報を収集する為に

奥の細道を旅したとされ

スパイ的な役割をしていて

奥の細道は、その報告書的な

見解もあるみたいですね!

大儀寺

北浦沿いの県道に看板が出ていますが

見落としそうです・・・。

その先の看板も分かり辛くて

道に少し迷ってしまいました。

駐車場に車を止めると

目の前に竹林が広がっています。

茨城の自然百選に選ばれているようで

周りは緑しか無いです。

現代俳人の句碑が並ぶ小道を

歩いて行くと山門に出ました

緑と山門の色がコントラストが出て

いい感じです。

境内は狭く

これが本堂でしょうね

現代建築の様に見えます。

本堂の目の前に仏頂禅師と

松尾芭蕉の句碑が並んでいました。

境内を抜け散策していますが

それにしても竹ばかりです。

遠くに何だか案内看板が

見えたので近づくと

これでした!

矢印のほうへ目を向けて

唖然・・・。

句碑が所狭しと並ぶ竹林の奥に

何でしょうこれは・・・。

インパクトありありです!

でも小さいです・・・。

芭蕉を偲ぶ神聖な場所なんでしょうね~。

一瞬強い風が吹き

竹と竹がぶつかり合い

大きな音が響き渡った。

せい君も音がした方へ

「何だ!」と言って振り向きました。

江戸時代に松尾芭蕉も

ここを歩いたんだな~と

思いながら竹林を後にして

周辺の森も散策しました。

大儀寺

鉾田市阿玉614

地図は→こちら

にほんブログ村 地域生活ブログ 茨城情報へ FC2 Blog Ranking

   ↑        ↑

いつも応援ありがとうございます。

今日の1曲はこれ!

| | コメント (18)

無量寿寺

せいパパですhappy01

無量寿寺

鉾田市にある浄土真宗の寺

茨城百景にも選定されています。

無量寿とは

量りきれない寿命の意味で

阿弥陀如来の事です。

806年平城天皇が勅願所として建立

1221年に親鸞聖人が

鹿島神宮の帰りに無量寿寺に立ち寄り

ここに3年間住み着き

自ら本尊として阿弥陀仏を彫り

浄土宗を広めていきました。

境内には親鸞の像があります。

親鸞

浄土真宗の開祖

法然を師と仰ぎ

浄土宗の教えを継承した人物です

自ら開宗する意思は無く

独自の寺院も持たずに

各地で活動して行きました。

親鸞の死後に浄土真宗が確立しました。

では境内に入りましょう!

階段を見て「あ~」

すでに疲れました・・・。

これを登るの?

階段が急過ぎです・・・。

せい君と頑張って

登ろうと意気込んで歩き始めました。

階段の途中で、せい君が立ち止まり

手を振って騒いでいます

近づくとアリの大行列です!

写真では見え辛いですが・・・。

山門が近づき本堂まで

後少しです・・・ちょっと疲れた。

本堂に辿りつきました~。

茅葺屋根です

重厚な造りで、ここまで登って来て

良かったね~と

せい君に聞くと

シラ~として

トボトボ端の方へ歩いて行きました。

せい君の後を付いて行くと

下に降りる階段があり

あそこで休憩したいんだよと

せい君は!とブツブツ言いながら

階段を一段づつ丁寧に降りて行きました。

ちょっと休憩です。

高台にあるので眼下に

景色が広がっています。

何処にでもある田園風景です。

ここは景色が茨城百景なのかな?

何にも感じる事もなく

田んぼがある事を

確認して移動しました。

東屋の脇にある

ちょっとした大木に

せい君は興味を示しています。

でも、きっと虫がいるのでしょう!

降りて来た階段を登っていると

背後から「ドスッ」と何かが

ぶつかる音がして

振り返って見ると、せい君が・・・

うずくまっています。

せい君

転んで膝と脇腹を押えています

痛いと言って動かない

境内の手を清める

水で足の血を洗い流して

足を引きずりながら急な階段を

降り始めたけど

降りる時の方が急に感じました

怖いです転げ落ちそうです・・・。

途中からスロープになった道が

わき道があって、そっちから降りたけど

スロープも結構急で

転げ落ちそうで、せい君泣きだしてしまいました

こんなに急だとジッちゃんバッちゃんは

お参りするのが大変でしょうね!

帰りの車の中で

急な階段とスロープの恐怖が

頭から消えない、せい君は

車がカーブにさしかかったり

坂道を登ったりしたら

悲鳴を上げて怖いからと言っていましたが

無視して進んでいたら

いつのまにか

せい君の恐怖心は消えていました。

無量寿寺

鉾田市鳥栖1013

TEL0291-36-2732

大きな地図で見る

にほんブログ村 地域生活ブログ 茨城情報へ FC2 Blog Ranking

   ↑        ↑

いつも応援ありがとうございます。

今日の1曲はこれ!

| | コメント (18)

北浦ふれあいの郷

せいパパですhappy01

北浦ふれあいの郷

行方市の北浦地区にある

総合公園です。

駐車場に止める前から

存在感たっぷりの

木製の体育館です。

グルッと眺めたけど

中に入れませんでした・・・。

木製の体育館は全国でも

珍しいそうです。

遊具がある「ふれあいの森」

この先です。

途中の草むらにキリギリスがいました

久し振りに見ました!

夏のバッタの代表ですね~。

遊具広場に着たけど

しょぼいです・・・。

せい君頭をかきながら

小さいな~と言いながらも

走って遊具に吸い込まれていきましたが!

結構楽しんでいます。

このブランコは固定されて

ピクリとも動きません・・・。

思いっきりオブジェです!

結局、普通のブランコで盛り上がって

森の中に行ってみる事に!

せい君もセミを捕まえに行くぞ~て

気合十分です。

早速セミを発見しました。

これは何セミなんだろう?

セミを捕まえて遊んでいたけど

気が付くと

せい君は足元の虫達に

夢中になっていました。

展望台もあって近づくと

大きなトンボが止まっているではないか!

そ~と近づいて写真を撮りました

オニヤンマです

かなりデカイ。

子供の頃は巨大昆虫に見えましたからね~。

死んでるかと思って

そっと触って見ると勢いよく飛び出しました

せい君も始めてみた大きなトンボに

興奮して大声を出していましたよ。

展望台からの眺めはビミョ-です・・・。

森に戻ってセミ採り再開ですが

蚊が出てきました・・・。

我慢していたけど我慢も限界です

森から脱出ですが

せい君痒すぎて立ち往生

柵を越えて出てきましたが

あちこち蚊に刺されてしまいました。

可哀想なせい君です・・・。

私は、あまり蚊に刺されないので

数箇所ですんだけど

せい君は沢山プク~と腫れていました。

駐車場の目の前の公民館に

入ると小さいですが図書館があり

となりのトトロを見ながら

私は爆睡してしまいました・・・。

せい君に起こされて起きましたが

ここはかなりリラックスできましたよ

最高です!

じっくりと遊んで公園を後にしました。

北浦ふれあいの郷

北浦公民館

行方市山田2175

TEL 0291-35-3777

北浦ふれあいの郷こちら

大きな地図で見る

にほんブログ村 地域生活ブログ 茨城情報へ FC2 Blog Ranking

   ↑        ↑

いつも応援ありがとうございます。

今日の1曲はこれ!

| | コメント (20)

霞ヶ浦ふれあいランド

せいパパですhappy01

行方市(なめがたし)の

霞ケ浦に面した所にあるのが

霞ヶ浦ふれあいランドです。

虹の塔、水の科学館、玉のミュージアム、親水広場

沢山の遊び場が集まった科学館です。

今回は親水広場を紹介しますね~。

科学館の場所から道路を

隔てた場所に親水広場があり

せい君は、あっという間に公園に消えてしまいました・・・。

探しても何処にも居ない・・・。

端っこにあったローラー滑り台で

一人で遊んでいました!

夏になったらココは

ちびっ子天国に変わります!

この「ざぶざぶけいりゅう」は

入ってもOKです!

今回は、ちょっと肌寒かったので

せい君は入りませんでしたが

最近は毎日暑いので

きっと子供達は「ジャブジャブ」遊んでいるのでしょうね~。

その他にも滑り台がある

プールもあって自由に入れますが

写真は無いです

立入り禁止で整備中でした・・・。

夏に向って手入れをしていました!

変わったデザインの遊具がありました。

この写真の向こう側が

滑り台がある小さなプールです!

この日も沢山遊びました!

100円で動く唯一有料の遊具です。

せい君もご機嫌で運転していましたよ

スピードも遅いので、ぶつかる心配も無く

安心でした。

科学館と親水広場で遊んだら

半日は十分遊べるでしょう

隣りには「道の駅たまつくり」や

先日紹介した「行方市観光物産館 こいこい」があり

道路の向かい側にも公園!

霞ヶ浦大橋を超えて対岸に行くと

かすみがうら市水族館や森林公園と

一日では遊びつくせないエリアですよ!

霞ヶ浦ふれあいランド

行方市玉造甲1234

TEL 0299-55-3927

開館時間 9:30~16:30

定休日 月曜日(祝日の場合翌日)・年末年始

入館料 大人600円 子供300円

霞ヶ浦ふれあいランドHPこちら

大きな地図で見る

にほんブログ村 地域生活ブログ 茨城情報へ FC2 Blog Ranking

   ↑        ↑

いつも応援ありがとうございます。

今日の1曲はこれ!

| | コメント (20)

行方市観光物産館 「こいこい」

せいパパですhappy01

行方市(なめがたし)の特産品を

販売している観光施設です。

建物は帆引き船をイメージしていますが

私には全く見えません・・・。

館内は明るく多くの特産品が

並んでいます。

行方はレンコンと言う

イメージしか無かったので

様々な商品がありビックリでした!

奥には、よくある売店があり

せい君も一休みです。

館内は綺麗で明るく開放的で

のんびりとくつろげますよ。

この脇にはウッドデッキのテラスがあり

霞ケ浦を一望できる素晴らしい

ロケーションです。

大きくて湖には見えません!

目の前に霞ケ浦大橋が見えます。

晴れていれば筑波山が

望めるのですが今日も見えませんでした・・・。

ココ最近は霞ヶ浦に来ても

筑波山を見れた事が全く無いのです。

霞ケ浦大橋

日本第二位の面積の

霞ケ浦の一番狭まった所に

昭和62年に開通した橋です。

当初は有料道路で普通車が360円と

高額だったので

あまり利用した事が無かったのですが

平成17年に無料になり

霞ヶ浦大橋を利用する機会が増えました!

でも国道125号線

(茨城ではワン・ツゥー・ファイブって呼んでます)

で移動した方が土浦方面には早く着くので

微妙ですが・・・。

せい君がスイカを発見して

買って来たのを一生懸命に

せい君は運んでいます。

帰宅後に早速

今年初のスイカを食べましたが

スイカが大好きな

せい君は殆ど食べてしまいました

切ると切っただけ食べてしまうので

今日は1/8だけにして

後は冷蔵庫に隠しています・・・。

とても甘くて美味しかったです!

行方市観光物産館 「こいこい」

営業時間

4月~9月 9:00~19:00

10月~3月 9:00~18:00

定休日 火曜日、年末年始

行方市玉造甲1963-5

TEL 0299-36-2781

大きな地図で見る

にほんブログ村 地域生活ブログ 茨城情報へ FC2 Blog Ranking

   ↑        ↑

いつも応援ありがとうございます。

今日の1曲はこれ!

| | コメント (14)

農産物直売所 サングリーン旭

せいパパですhappy01

サングリーン旭

鉾田市にある

JA直営の直売所です。

鉾田市はメロンの産地なので

ここではメロンを初め沢山の

新鮮な農産物を販売しています。

野菜などを買い求める人で

いつも賑わっていて

せいパパの母も大好きなスポットで

水戸に行った帰りには

殆ど立ち寄っていますね~。

建物は地味な感じですが

メロンを意識しているのか

グリーンの建物です。

駐車場脇のトイレは

メロンの形をしています。

さわやかな気分になれるかな~と

思ったけど中は普通のトイレです!

メロンのどら焼きと

サツマイモのどら焼きです。

買って無いです・・・。

せい君は私達より試食が大好きで

見かけたら

「これは食べてもいいんだよ~」と言って

いつもパクパク今日もパクパクしてました!

端っこにアイスを販売している所があって

取って付けた様な

ちょっとした休憩エリアになっています

メロンシャーベットアイスがあるようですね~

クインシーメロンシャーベットソフト

こんな感じです。

味は普通でした!220円です。

せい君はバニラアイスを食べています

アイスの方が高くて280円です。

食べるのが遅いので手がアイスで

グチャグチャです・・・。

アイスの販売所は

人気があるらしく結構並んでいました!

鉾田に来たら立ち寄ってみてね!

サングリーン旭

営業時間 夏季(4月1日~8月31日) 9:00~18:00

       冬季(9月1日~3月31日) 9:00~17:00

定休日  1月1日~1月4日、12月31日

TEL 0291-37-4147

大きな地図で見る

にほんブログ村 地域生活ブログ 茨城情報へ FC2 Blog Ranking

   ↑        ↑

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (20)

大竹海岸

せいパパですhappy01

鉾田市の大竹海岸です。

入口には

鉾田のメロンは日本一と看板がありますが

本当です!

メロンと言えば

夕張が有名ですが

鉾田市は日本一のメロン産地です。

鉾田メロンが無名なのは

茨城県のアピールが足らないからでしょう!

北海道では夕張メロンより

鉾田メロンの方が高級品だと

聞いた事もあります。

現に鉾田市のメロン農家は

メロン御殿と言われる

バカデカイ豪邸に住む程ですから!

そんな鉾田メロンを満喫するには

フォレストパーク メロンの森 です。

多岐にわたるイベントを行い

メロンのネット販売も行っていますよ。HPこちら

話を戻して

ここは総合リンクしている

「とれたて日記」の375さん夫婦に

連れて来てくれた海岸です。

海岸の突き当りが砂浜へと続いていて

波うち際を車で走れますが

潮が満ちていて砂浜へは出られませんでした。

残念です・・・。

4WDじゃ無いと駄目ですよ!

間違っても普通車で入りたかったら

入いる前にJAFを呼んでから!

今度375さんの所に遊びに行ったら

連れて行ってくれるそうなので

楽しみです。

大竹海岸は妻と結婚するまへに

ドラマの撮影が行われているからと

聞いて行った事があり思い出の場所です。

2001年の夏に加藤晴彦、吉沢悠が

出演したドラマ「早乙女タイフーン」を

覚えていますか?

撮影をじっくり見れて

当時吉沢悠のファンだった

妻は大興奮!!

そうこうしていると

なんと!一色紗英さんが

せいパパに向かって

一直線に近づいて来るでは

ありませんか!

せいパパとの距離が2m程になって

気付きました・・・。

一色さんの手にはゴミが!

何と、せいパパの真後ろに

ゴミ箱があったのです。

一色紗英さんとの距離は

僅か50cm!ドキドキしてしまいました。

こんなギャラリーの中へ平気にゴミを

捨てに来るなんて・・・。

その後もず~と撮影を見て楽しみました!

また話が逸れてしまいましたが

大竹海岸、夏には大勢の

海水浴客が押し寄せて来ますが

メロンも最高です!

思い出も最高でした!

大きな地図で見る

にほんブログ村 地域生活ブログ 茨城情報へ FC2 Blog Ranking

   ↑        ↑

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (18)

厳島神社

せいパパですhappy01

鉾田市旭地区の国道51号脇から少しだけ

入った所に

厳島神社があります。

地元では安産祈願の神として

子生弁財天(こなじべんざいてん)と呼ばれています。

↑子生で(こなじ)とは読めない地名なんですよ。

厳島神社

1078年創建

広島県の安芸の宮島から

分霊したと伝わり

祭神は、市杵島姫命[いちきしまひめのみこと]

厳島神社は周囲より一段下がった窪地の

池の中にあり

小さな社殿ですが

荘厳な趣のある寺です。

手前が拝殿で重なるように本殿が

並んでいて

パッと見た感じは一つの建物のように見えます。

社殿の周りは朱色の

欄干があり周囲の池や森の中にあって

何故か落ち着きます。

本殿の中にある

龍の彫り物は塗装が

かなり剥がれていますが

一本木から彫った彫刻だそうです。

せい君が、しゃがみ込んで池を

眺めていたので

近づいてみると

せい君

「あの石の奴は何?」

せいパパ

「石ってどれ?」

せい君

「水の石の奴」

せい君の視線の先には

岩の上に折り重なって

日向ぼっこをしている亀3匹でした。

そ~と近づいて写真を

撮ろうとしましたが

亀たちは

サッと逃げてしまい

その動きが早いの何の!

せい君

「パパが近づくから逃げちゃったジャン」

「もう~逃がさないで亀さん居なくなっちゃった」

そんなせい君いじけてます・・・。

階段を登り上から

神社を見下ろすと竜宮城の様な

佇まいに心がホッとしてしまいました。

厳島神社の詳細や地図→こちら

にほんブログ村 地域生活ブログ 茨城情報へ FC2 Blog Ranking

   ↑        ↑

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (10)

くぬぎの森のスポーツ公園

せいパパですhappy01

鉾田市にある

オハヨー乳業関東工場の隣にある公園が

くぬぎの森のスポーツ公園です。

駐車場から園内に入ると

小さな森に囲まれた

木製のアスレチックがグルッと

一周並んでいます。

その先には広い芝生が広がり

遊具が散りばめられています

大型の遊具これくらいで

こんな小さな遊具が

沢山ありましたよ。

せい君はグイ~ングイ~ン

遊んでいました!

今度の日曜日は

オハヨー乳業の桜まつりのようです。

この建物がオハヨー乳業!

ここの中央広場は

隠れた桜の名所なんですよ。

くぬぎの森のスポーツ公園

アスレチック、遊具と広い芝生に

小さいですがクヌギの森があります

子供と遊ぶには料金も全くかからなくて

結構遊べます!

テニス場や研修室、ラウンジがあります。

こちらは料金がかかりますよ~。

入園は自由

月曜休み(祝日の場合は翌日)

TEL 0291-39-7255

オハヨー乳業HPこちら

公園の場所は

ロイヤルオーシャンゴルフ場の前です。

大きな地図で見る

にほんブログ村 地域生活ブログ 茨城情報へ FC2 Blog Ranking

   ↑        ↑

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (12)

風と緑の広場

せいパパですhappy01

行方市を流れる

山田川の河口に

水質浄化の為に作られた

風車がある小さな公園が

風と緑の広場です。

周辺は自然保護区になっている為に

広場以外の立ち入りは禁止されています

北浦では珍しく

葦が生い茂り

野鳥が多く生息した

のどかな一角です!

ここにある風車を含めて

風と緑の広場の風車と呼ばれています。

この風車は日中は太陽光発電で

貯めた電力を利用して

夜にはライトアップされています。

また1年中

白鳥が2羽住み着いていていますが

この日は白鳥の姿を見る事は

出来ませんでした。

景色が昔懐かしい雰囲気なのか

聞く話によると

画家の方々が

スケッチに訪れているそうです。

広場の背後には

北浦湖畔荘つるるんの湯があり

日帰り温泉や宿泊して

北浦周辺を散策する事が出来ます。

温泉に浸かり

美味しい料理を食べて

素朴な北浦を眺める

癒しの時間が待っています!

とても小さな小さな公園なので

ここだけを目的に訪問するのは

おすすめ出来ないので

つるるんの湯や周辺施設観光の

コースに入れてみると

面白いですよ!

北浦湖畔荘HP→こちら

大きな地図で見る

にほんブログ村 地域生活ブログ 茨城情報へ FC2 Blog Ranking

   ↑        ↑

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (10)