« 江戸時代まん中から後半 | トップページ | 歴史シリーズを振り返って »

幕末

せいパパですhappy01

文章中の青い文字は関連HPへリンクしています。

江戸幕府終焉の時です。

幕末を語る上で

避けられないキーワードが

存在します。

尊王攘夷(そんのうじょうい)

この言葉の意味を知らないと

幕末の出来事が何の為に

行われてきたのか理解できません!

幕末は尊皇攘夷を軸に説明していきますね。

尊皇攘夷は四つの意味を

四文字で表現しています

一文字ずつ意味を解説していきますね~。

「尊」=尊ぶ

「王」=天皇

「攘」=攘う(はらう)

「夷」=外国人

天皇を尊び外国人を排除する

又は

外国勢力に対抗できる幕藩体制を

強化する

その他にも

天皇中心の鎖国を強化した幕府

など沢山の解釈が出来ます

この解釈の違いが幕末の動乱に関係してきます。

●幕末の流れ

●尊皇攘夷の始まり

●尊皇攘夷の迫害

●尊皇攘夷の移り変わり

●討幕運動

以上の5個を中心に説明しますね。

●幕末の流れ

1853年に浦賀沖にペリー率いる

黒船4隻が来航し

翌年に日米和親条約に合意

その翌年には日露和親条約に合意と

鎖国を続けていたけど

幕府はあっさりと開国の道を

歩み始めて

1858年 日米修好通商条約

井伊直弼が勝手に調印しっちゃったんです

それで気が付けば幕府は開国

それから動乱ですよ!

尊王攘夷派が条約に

猛反発した為に

井伊直弼安政の大獄

多くの活動家を弾圧したが

桜田門外の変で井伊直弼は暗殺された。

その後、生麦事件をきっかけに

英国と緊張関係になり

薩英戦争下関戦争が勃発し

長州・薩摩藩は西欧諸国の実力を

目の当たりにして開国への道を歩き始める。

1863年 八月十八日の政変

薩摩藩が長州藩を京都から追い出したために

薩摩藩と長州藩の間に

大きな溝が出来てしまい

坂本竜馬は考えました

長州藩と薩摩藩が一つになれば

幕府に勝てる軍事力があると!

それにしても、二つの藩だけで

幕府と同じだけの力があるなんて

幕府が弱いのか薩長が強いのか

どっちなんでしょうね~。

1866年に坂本竜馬らによって

薩長が歩み寄り

薩長同盟に合意し

翌年幕府は大政奉還して

約270年続いた江戸幕府は崩壊しただけでなく

鎌倉時代から約750年も

続いた武家政権も終わってしまいました!

薩長同盟・大政奉還の立役者だった

坂本竜馬もまた暗殺されてしまいました。

明治元年からの戊辰戦争

幕府軍と薩長が戦い

最後まで幕府の為に戦った

会津藩・新撰組の熱いドラマは

数多くの物語を世に送り出しましたね!

●尊皇攘夷の始まり

尊王攘夷水戸学から生まれた言葉で

本来は尊王論攘夷論

二つ別々に存在した言葉でした。

尊王論

天皇を尊重する考えです。

江戸時代末期では

幕府に不満が集まり

存続させる為には

王制を復活した方が良いと

水戸藩は考えました。

庶民は信仰心がとても熱かったが

天皇を崇拝する人は居ませんでした。

水戸藩は大日本史の編纂で

天皇を中心にすると

政治が上手くいくと考え

信仰心が熱い国民性なので

天皇崇拝で幕府の建て直しをしようと

考えました。

攘夷論

諸外国と国交を断つ鎖国的な考えです。

江戸末期になると

欧米列強が日本近海に

姿を現すようになり

鎖国を強化し強い国力を

育てようとしました。

両者が

一つになり尊皇攘夷と言う

言葉が出来ました。

この頃は、あくまで幕府があり

尊皇攘夷が存在していました。

●尊皇攘夷の迫害

黒船から歴史が動いた。

ペリーが

やって来て

1854年に日米和親条約

日本は合意しちゃいました・・・。

その後、日露和親条約にも合意。

日米修好通商条約

江戸幕府は完全に開国してしまいました。

鎖国を辞める事は当時の国民は

想像もしていませんでした・・・。

開国反対の尊王攘夷派の反発が相次ぎ

井伊直弼が行った安政の大獄によって

尊皇攘夷派の弾圧が強まり

尊王攘夷派の水戸藩の浪士を中心に

桜田門外の変で井伊直弼を暗殺。

坂下門外の変なども

水戸藩浪士が中心に

襲撃事件を起こした。

●尊王攘夷の移り変わり

初めは尊王攘夷は倒幕運動では

ありませんでした。

幕府・新撰組は幕府の力で尊王攘夷を決行

長州藩は幕府による尊王攘夷に反対でした

薩摩藩は幕府の力で尊王攘夷を実現したかった

水戸藩は尊皇攘夷を推し進めていた

それぞれ立場は違うが

尊王攘夷の考えは同じでした。

幕府は開国してしまったので

尊王攘夷が崩壊しました。

薩英戦争・下関戦争で

諸外国の軍事力の力の差を

見せつけられた薩摩・長州藩は

攘夷が不可能と考えました。

薩長は尊王攘夷から尊王開国+倒幕

幕府・新撰組は公武合体

土佐藩は公武合体

水戸藩は尊王攘夷派と佐幕派二つに

分裂しました。

公武合体とは

開国路線で朝廷と幕府が一つになる事です。

佐幕派とは

幕府と同じ考えの事です。

尊王攘夷が変化し

攘夷は無くなり

開国路線で考えが分かれて来ました。

●倒幕運動

今までの記事で薩摩藩・長州藩が

クローズアップされていますが

そもそも何故この両藩が倒幕運動を

していたかです!

原因は安土桃山時代の

関ヶ原の合戦にあります。

薩長両者は

負けた西軍だったからです

長州藩は西軍総大将の毛利氏

毛利氏は存続しましたが

江戸幕府によって著しく規模を

縮小されてしまった為に大変な思いをしました。

薩摩の島津氏は関ヶ原の戦いで

徳川家は恐ろしさを知ったので

幕府は島津氏の、お家取り壊しを

狙っていました。

両藩は徳川幕府に恨みを持っています

それが倒幕運動につながりました。

坂本竜馬を輩出した

土佐藩は公武合体派で

倒幕運動は行っていませんし

水戸藩(厳密には違いますが)以外は

目立った倒幕運動は行っていません。

徳川最後の将軍 徳川慶喜

大政奉還して約270年続いた

徳川幕府は崩壊した。

その後も坂本竜馬の活躍で王政復古して

明治天皇を頂点にした

君主政治を始め

明治維新、戊辰戦争を経て

明治新政府が誕生しました。

茨城県の幕末

幕末の騒乱は水戸藩から始まりました。

1858年孝明天皇が正式な手続きを

取らずに水戸藩へ勅書を下賜しました。

内容は日米修好通商条約を攻め

公武合体の実現と攘夷を進める事でした。

これが戊午の密勅です。

これにより水戸藩は

藤田小四郎が率いる過激な尊王攘夷派(天狗党)と

保守派の諸生派に分かれ

諸生派は幕府と手を結び

天狗党を弾圧しました。

水戸藩を中心の尊王攘夷派を

弾圧する為に安政の大獄が

行われて行きました。

天狗党は尊王攘夷の考えを

朝廷に伝える為に

天狗党の乱を起こした。

江戸末期の武士は戦を知らないので

天狗党の迫力に何も出来ませんでしたが

水戸藩の徳川慶喜によって鎮圧され

天狗党は処刑されたが、その数300人以上

日本史上類を見ない刑罰だった。

水戸藩の天狗党は水戸藩の徳川慶喜(一橋慶喜)に

倒されるとは想像もしなかった。

その後、諸生派により

水戸藩内の天狗党の家族が

殺されましたが

倒幕運動が盛んになると

諸生派に対して天狗党は敵討ちを行い

水戸藩の要人を皆殺しにしてしまい

明治新政府に高官を一人も

出す事はありませんでした・・・。

天狗党の前身だった

玉造組に所属していた

水戸藩浪士の

芹沢鴨は水戸派として

佐幕派である新撰組(壬生浪士)

近藤勇と結成して初代筆頭局長として

活躍したが後に

新撰組の内部抗争で暗殺された。

新撰組は幕府軍として戊辰戦争を

戦い抜きドラマなどで、その雄姿は

現在も語り継がれていますが

ドラマ化や書籍化される以前は

新撰組も天狗党と同じで

世間に注目される事はありませんでした。

江戸幕府が開国をしなかったら

諸外国は武力で開国を迫って

日本は西欧諸国の植民地になっていた

事でしょう。

幕府が開国したのも仕方が無かったことです

開国しても強い国家でなければ

意味がありませんでした。

それを実現できたのが坂本竜馬です!

坂本竜馬の薩長同盟成立・大政奉還への

働きかけがなければ強い国家の

実現は不可能でした。

坂本竜馬、暗殺されないで

生きていたら全く違った

日本の歴史が刻まれたかも

知れませんでした。

惜しい人材です!

水戸藩が歴史に躍り出た幕末だったので

区切りがいいので

以上で歴史シリーズは終了です。

約3週間に渡りお付き合い頂いて

ありがとうございました。

明日は歴史シリーズを

振り返りながら総評したいと思っています。

にほんブログ村 地域生活ブログ 茨城情報へ FC2 Blog Ranking

   ↑        ↑

いつも応援ありがとうございます。

今日の1曲はこれ!

|

« 江戸時代まん中から後半 | トップページ | 歴史シリーズを振り返って »

茨城県の歴史」カテゴリの記事

コメント

そして近代日本へ突入ですね^^
江戸から明治へと、これだけ文化がかわったのは
他にないでしょうね。
幕末のいろんな人たちの情熱が今の日本の基礎となってるんですね。

投稿: maekumi | 2008年9月 7日 (日) 00時37分

確かに新撰組の話って、
ちょろっとしか教科書に載ってないですよね。
何故でしょう?

理解しながら一字一句読むので時間がかかりますが、
すごい勉強になります!
途中、必死過ぎて息止めながら読んでしまってました(笑)
美空ひばりさんの歌声でホッとしました~
ナイス選曲です♪

投稿: てまき | 2008年9月 7日 (日) 01時36分

我らがニコラス刑事の好きな幕末の話ですね。
彼の得意な「坂本竜馬は誰が暗殺したか?」についてはまだ謎のままなのでしょうね。
本当に惜しい人を亡くしました。
坂本竜馬が、実は戦国時代のある武将の子孫だという噂もあるそうです。
いろんな恨みが残っている辺りから、本当に思えてきます。

投稿: たくたくろ | 2008年9月 7日 (日) 09時35分

初めてコメントさせてもらいます。かずやんです。

最近ブログを始めて、こちらにもちょこちょこお邪魔させていただいてました。

この歴史の知識はどこからきてるのでしょう?何か学ばれたんですか??すごいですね!

私は歴史が一番好きな教科だったので楽しく読ませた頂きました。

今後もまたお邪魔させていただきます。早速なんですが、リンクさせていただいても良いですか?

投稿: かずやん | 2008年9月 7日 (日) 09時43分

ご無沙汰している間に、幕末へ・・・
歴史に「IF もし 」はない、といいますが、
やっぱり考えてしまいますよね。
あの人が生きていれば、あの時ああだったら・・・
私は新撰組好きなので、錦旗の一件辺りから
逆サイドに不信感を持って居たりします。
そういうことを平気でする人たちの末裔が今・・・
と思ってしまうんですね。
でも意見が合わないと、暗殺されまくる
そんな世の中もイヤですしねえ --:
まあ、どちらになろうと結局同じことなのかもしれません。

投稿: 二代目の嫁 | 2008年9月 7日 (日) 10時34分

せいパパさん、こんにちは♪
歴史詳しいですね~、僕も歴史好きなんですよ~
徳川慶喜は水戸藩ですもんね、将軍後見人。
激動の幕末、この時代に生まれてよかったと
思います^^
僕の友達いわく、浦賀に黒船が来た時、役所に
3人いたらしいんですけど、その人の子孫が友達であだ名はもちろんペリーです(爆)
あと、迷子にならないようにリンク貼らさせて
いただきました♪
返事が遅くなり申し訳ありませんでしたconfident

投稿: kon25 | 2008年9月 7日 (日) 16時32分

完結したのですか。
現代まで描いて欲しかった。
太平洋戦争とか。
それはともかく、お疲れ様でした。
坂本竜馬の評価が高くてよかった、ファンとして。
長州、薩摩の志士も偉いけど、藩の後押しがあった。
藩の後押しのなかった土佐藩の志士たちは、大変不遇でしたね。
吉村とか、早く死んでしまった。
坂本竜馬という一介の浪人が、大藩相手に、同盟を結ぶなどして、かっこいいですねえ。
生きていたら、どうなっていたのでしょう。
おつかれさまでした。

投稿: 山口ジジイ | 2008年9月 7日 (日) 17時05分

幕末もすごい出来事が満載なんですね~
坂本竜馬は好きですよ~

投稿: 水戸大家 | 2008年9月 7日 (日) 17時43分

長丁場でしたね。お疲れ様でした。
分かりやすくまとめてくれたので日本の歴史が更に良く分かりました。
尊皇攘夷に水戸藩が偉大な役割を果たしている事再認識しました。

せい君如何ですか?
快方に向っていますか。
早く良くなるようお祈りしています。

投稿: 920_375 | 2008年9月 7日 (日) 18時33分

happy01 maekumiさんへ
江戸時代から明治時代に
変わった時以上の
変革は日本の歴史には
無かったですね!
ここから近代日本の幕開けで
国内より外国との関係が
深くなってきましたね。
その後日本が歩んだ道も
仕方が無かったのでしょうね。

投稿: せいパパ | 2008年9月 7日 (日) 19時06分

happy01てまきさんへ
真剣に読んでくれて
ありがとうございます。
同じ内容を何度も
繰り返し記事にして
長い文章になってしまったけど
何度も書かないと
幕末は意味がさっぱり分からないんですよね~。

新撰組も確かに教科書でも
さらっと触れて終わりですね
たった1行の文章で
教科書には書かれた内容でも
そこには沢山のドラマが
隠されています。
解き明かしてみると
面白い事ばかりですよ。

投稿: せいパパ | 2008年9月 7日 (日) 19時08分

おお、幕末ですね!
坂本竜馬は日本人が一番好きな
歴史上の人物みたいですね。
というか司馬遼太郎の坂本竜馬が
人気らしいのですが
わたしの母も何度もあの長い小説を
読み返してます。
三週間お疲れ様でした!

投稿: penpen | 2008年9月 7日 (日) 19時11分

happy01たくたくろ さんへ
ニコラス刑事は幕末が
大好物だったのですね。
坂本竜馬は誰が暗殺したか
未だに分かってないんですよね・・・。
歴史は不明な点が
多いので知りたいと言う
衝動にかられますね!

投稿: せいパパ | 2008年9月 7日 (日) 19時11分

happy01かずやん さんへ
訪問&コメントありがとうございました。
私は歴史は好きでしたが
詳しくは無かったです
ちょっと出来る程度でした。
社会人になって独学で
勉強しました。
何故?そこから調べて
少しづつ歴史を理解してきましたよ。

リンクはどうぞ貼ってください。
私のブログにも貼らせていただきますね!
これからも絡んでくださいね~。

投稿: せいパパ | 2008年9月 7日 (日) 19時19分

happy01二代目の嫁さんへ
そうなんですよね。
歴史を調べるれば調べるほど
正しい事が何なのか
わからなくなりますね!
今日アップする記事は
それがメインです。

投稿: せいパパ | 2008年9月 7日 (日) 19時21分

happy01 kon25さんへ
歴史は少しだけ詳しいですが
細かい事はまだまだです・・・。

友達のペリーって
あだ名は良いのか悪いのか
でもインパクトありますね~。

リンクありがとうございました。
こちらもリンク貼らせていただきますね~。
これからもよろしくお願いします!

投稿: せいパパ | 2008年9月 7日 (日) 19時24分

happy01山口ジジイさんへ
幕末で一応終了しましたが
時間を置いて
第二次世界大戦まで
書こうと考えています。
今は時間に余裕が無くて・・・。
少しづつ記事の下書きを書いて
溜まったら一気にアップしたと思うので
気長に待っていて下さいね。
坂本竜馬と同じで
期待にあった内容に仕上がると
思いますよ!

投稿: せいパパ | 2008年9月 7日 (日) 19時28分

happy01水戸大家さんへ
幕末は短い期間に
多くの出来事が起こったので
小難しいですが
一つずつ紐解いていったら
全て繋がってくんですよね~。

坂本竜馬は皆さん大好きですね~。

投稿: せいパパ | 2008年9月 7日 (日) 19時30分

happy01920_375さんへ
歴史シリーズ分かりやすかったですか
そう言って頂けたら
本当嬉しくなってしまいました~。
歴史は難しいと敬遠されてしまいがちですが
意外と単純な事が
絡まって複雑になっているだけなんですよね!
毎日記事の編集に明け暮れましたが
少しゆっくりしてから
近代の歴史も紐解いて行きたいと
思っています。

せい君は今朝熱が落ち付いていました
お祈りが通じたみたいです!
本調子になるには
もう少し時間がかかると思いますね~。

投稿: せいパパ | 2008年9月 7日 (日) 19時35分

happy01penpenさんへ
坂本竜馬が一番人気が
あるのですか!
どうりで坂本竜馬への
コメントが多かったわけですね。
自分には無い魅力を
沢山持ち合わせた人だから
なんでしょね!

投稿: せいパパ | 2008年9月 7日 (日) 19時40分

幕末まですすみました
歴史シリーズ
お疲れ様でした~
明日は総評ですね~!
幕末も本当に
いろんな出来事が
あっているようです ぽち

投稿: ゆっき~ | 2008年9月 7日 (日) 21時45分

こんばんわ♪歴史シリーズ大変お疲れさまでした!読み逃げばかりで大してコメント残せずに申し訳なかったです(^^;)ゞ

幕末・・・おそらく茨城県にとっても最も大きな出来事でしょうね、この『天狗党』の事件は。
一橋慶喜公を頼っていたはずなのに、なんと彼に滅ぼされてしまう運命に遭ってしまったことになるんですよね(ノ△・。)
天狗党の乱で処刑され、命を落とした武将を思うと胸が痛みます。

もしも坂本竜馬が暗殺されずに長生きしてくれてたら、本当に日本の歴史は変わったかもしれませんね(*^-^*)

投稿: 竹千代 | 2008年9月 7日 (日) 22時32分

happy01ゆっき~さんへ
幕末も色んな事がありましたね。
歴史シリーズも
とりあえず終了しました
いつもコメント頂き
ありがとうございました。

投稿: せいパパ | 2008年9月 7日 (日) 23時16分

happy01竹千代さんへ
コメントを頂くだけで
嬉しいですよ、ありがとうございます。
幕末の水戸藩は
手がつけられない程
荒れていましたね・・・。
天狗党の方々は無念でしたでしょうね。

坂本竜馬生きていたら
どんな明治維新を起こしたでしょうね
想像出来ないですが
型破りな事をしたでしょうね~。

投稿: せいパパ | 2008年9月 7日 (日) 23時21分

こんにちは!
石器時代・縄文時代からしたら
身長・寿命のみならず
日本人も相当に
進化してるんでしょうね
そんな科学面も興味あります!
応援ぽちっと!^^k

投稿: Kensuke^^k | 2008年9月 8日 (月) 12時22分

happy01 Kensuke^^k さんへ
縄文時代から比べると
人類も進化してきましたね。
今回は人類の進化には
全く触れませんでしたが
興味はありますね!

投稿: せいパパ | 2008年9月 9日 (火) 00時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 江戸時代まん中から後半 | トップページ | 歴史シリーズを振り返って »