« 戦国時代 | トップページ | 江戸時代初期 »

安土桃山時代

せいパパですhappy01

文中の青い文字は関連HPにリンクしています。

安土桃山時代ですが

戦国時代とダブっています。

前半は織田信長安土城を拠点にし

後半は豊臣秀吉が桃山の伏見城

拠点にしたので

安土桃山時代と言う

たった33年間の歴史区分ですが

また曖昧です・・・。

今度は安土桃山時代と言う

名前が曖昧になっています。

織田信長の

安土城は、たった3年足らずしか

存在して無くて

豊臣秀吉が建築した

伏見城も入城から2年ほどで

秀吉が亡くなってしまいました。

桃山も桃山城と言う城があった訳では無くて

伏見城跡に桃の木を植えたから

江戸時代になって桃山と呼ばれるようになり

今は安土桃山時代を織豊時代と呼ぶ事もあります。

安土桃山時代

戦国時代とダブってしまうので

今回も視点をガラッと

変えて説明しますね。

●桃山文化

●天守閣

この2つを中心に

安土桃山時代に迷い込んで下さいね。

残念ながら信長・秀吉の

話はしません・・・。

●桃山文化

仏教文化が薄れて来て

人間中心の傾向になった文化です。

天守閣も桃山文化ですが

次に独立して説明しますね。

障壁画

織田信長は南蛮文化に

非常に興味があり

その他多くの文化も発展させてきました。

桃山文化で代表的なのが障壁画ですが

由緒ある古い家や城の

ふすまや障子・屏風に

豪華に描かれた絵を

障屏画と呼び

壁面に描いた物を壁画と言い

両方を合わせて障壁画と呼びます。

茶道

千利休によって茶道が出来

湯飲みなどの陶器が各地で作られた時代です。

有名な陶器は有田焼です。

その他にも

萩焼薩摩焼上野焼高取焼など

芸能

歌舞伎や三味線を使った歌が流行し

浄瑠璃と言う語り物や

浄瑠璃と三味線の伴奏で人形を

操る人形浄瑠璃も流行しました。

南蛮文化

キリスト教宣教師によって

医学・天文学・地理学も入って来ました。

楽市・楽座

経済の発展の為に

自由に物品を販売できるようにし

税金の免税を行い経済の活性化させた。

徳川家康も経済の発展の為に

このシステムを存続させて

江戸幕府の繁栄を築きあげました。

●天守閣

天守閣も桃山文化を代表する

建造物です。

桃山文化を代表するって

昔から城には天守閣が

あったのでは?と疑問を持たれると

思いますが

安土桃山時代以前の城には

天守閣は殆どありませんでした!

ビックリでしょ~。

実は私達が認識している城は

殆どが安土城以降の城です。

大きな天守閣を持った城は

平地に建てられていますが

南北朝時代、戦国時代の城跡は

殆どが辺鄙な山の中にあります。

地元の城跡を探してみて下さい

山の中に城跡があると思います!

有力大名の城は別として

本来、城とは戦で敵から

守る為に建てられたものなので

費用はかかっていません

自然の地形を利用して

いかに攻め込まれないかを

考えて作られた場所なんです。

天守閣も無く陣を張り

物見やぐらと、質素な蔵があるだけ

それだけです。

現在の城跡には

存在するはずも無かった天守閣を建造して

○○城跡とか観光の為に利用されているけど

実際は天守閣が無かった城が沢山あります。

それは観光地化する場合や

発掘で城跡が見つかっても

天守閣が無かった城には

自治体も、お金を産んでくれる訳では

無いので興味が無いからなんです

私達市民も天守閣が無い城には

全く興味が無いですよね。

ちなみに茨城県の城には

天守閣が存在した城は1個も無いです・・・。

水戸御三家で有名な水戸城

予算の関係と技術不足で

当時は天守閣を作る事が出来ませんでした

今は公的な施設が建っているので

原型を良く保っています。

それに引き換え佐竹氏の城 

佐竹城は全く遺構を残して無いです・・・。

常陸太田市の旧市街全体に

城が広がっていましたが

佐竹氏が去り城跡を

自治体が民間に売却した為に

著しく市街地化が進み

当時の面影が残るのは佐竹と言う

名前だけで地名さえ残っていません・・・。

観光地化した城跡の豊田城(常総市)は

城跡の近くに疑似天守閣を作ってしまいました。

この城も天守閣は存在しませんでした

結構やり過ぎですね・・・。

天守閣が無いと言うのが

後世の人たちにとって

何の意味も無い場所になっているのです。

もう一度、皆さんの近所の

城跡に目を向けて下さい

そこには奥深い歴史が刻まれていますよ。

古墳の様に目には見えませんが

室町時代のロマンです。

城跡には必ず神社が祀っています

それは、この地で多くの血が流れたために

存在しています。

昔の人たちが自分達が住む場所を

守る為に戦った聖なる地です。

次回からは江戸時代を何回かに分けて

アップしますね楽しみにして下さい。

にほんブログ村 地域生活ブログ 茨城情報へ FC2 Blog Ranking

   ↑        ↑

いつも応援ありがとうございます。

今日の1曲はこれ!

|

« 戦国時代 | トップページ | 江戸時代初期 »

茨城県の歴史」カテゴリの記事

コメント

歴史は知れば知るほどロマンですね。
身近なものにいろんな歴史があるのを
知るのは興味深いです。

投稿: penpen | 2008年9月 4日 (木) 12時29分

こんにちは!
3武将では
僕の中ではこの「織田信長」の
生き方が一番かっこよく
見えます!
応援です
ぽちと!^^k

投稿: Kensuke^^k | 2008年9月 4日 (木) 12時37分

  こんにちは^^ そうですね
岐阜や犬山 小牧にある城はちょっと
山のアクセスしづらいところにありますね
あくまで敵の侵入をはばかるものですよね
城のイメージが少し変わりました^^

投稿: まさ | 2008年9月 4日 (木) 16時27分

へええ、天守閣って昔の城にはなかったのですね。
知らなかった。
あるのが当然という、認識でしたよ。
そういえば、秀吉の一夜城で有名な城、何でしたっけ?
墨俣城、ちょっと違うかな。
まあ、それを、地元の自治体が、復興して天守閣造って、うそだーってひはんされてましたね。

投稿: 山口ジジイ | 2008年9月 4日 (木) 21時43分

キリシタン大名が多かったのもこの時代ですよね。
地元の城跡といえば、熊本時代の話になりますが、八代に城跡があったとおもいます。
応援2☆

投稿: ブルー・ブルー | 2008年9月 5日 (金) 00時25分

お城って見ると何だかほっとするような感覚におそわれません?
山のてっぺんにお城があるのを見るとちょっと感動します^^
秀吉が立てたお城は絢爛豪華だったんでしょうね。

投稿: maekumi | 2008年9月 5日 (金) 01時03分

happy01 penpenさんへ
歴史はロマンですね!
城跡以外でも
沢山の物がそこらじゅうに
歴史の入口として
私達に口を開いていますね。

投稿: せいパパ | 2008年9月 5日 (金) 06時43分

happy01 Kensuke^^kさんへ
織田信長は後世に大きな
影響を与えた文化を数多く残しましたね
本能寺の変が無かったら
時代は全く変わったと
言われていますよね。

投稿: せいパパ | 2008年9月 5日 (金) 06時45分

happy01まさ さんへ
城=天守閣と言う
固定観念が私達にはありますが
作りだされた事実なんですね。
歴史はこうして
ねじれさせられていますので
発見して知ると言う
楽しさを感じると
楽しいですね~。

投稿: せいパパ | 2008年9月 5日 (金) 06時47分

happy01山口ジジイさんへ
墨俣城、一夜城ですね
秀吉は考える事が
人とは全く違いましたね!

城には必ず天守閣が
あると私達は固定観念を
持っていますが
実際には無かったんですね
これも面白い事実ですね!

投稿: せいパパ | 2008年9月 5日 (金) 06時51分

happy01ブルー・ブルーさんへ
キリシタン大名が多いのも
織田信長の南蛮文化を
広く取り入れたからですね
信長は武将の中では
ずば抜けた好奇心を持っていましたね
天守閣も信長が生んだ芸術ですね!

投稿: せいパパ | 2008年9月 5日 (金) 06時54分

happy01 maekumiさんへ
茨城には天守閣が無いので
一回は天守閣に登って
殿様が見ていた景色を眺めてみたいですね~。

投稿: せいパパ | 2008年9月 5日 (金) 06時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 戦国時代 | トップページ | 江戸時代初期 »