« ポケットファームどきどき | トップページ | 大儀寺 »

無量寿寺

せいパパですhappy01

無量寿寺

鉾田市にある浄土真宗の寺

茨城百景にも選定されています。

無量寿とは

量りきれない寿命の意味で

阿弥陀如来の事です。

806年平城天皇が勅願所として建立

1221年に親鸞聖人が

鹿島神宮の帰りに無量寿寺に立ち寄り

ここに3年間住み着き

自ら本尊として阿弥陀仏を彫り

浄土宗を広めていきました。

境内には親鸞の像があります。

親鸞

浄土真宗の開祖

法然を師と仰ぎ

浄土宗の教えを継承した人物です

自ら開宗する意思は無く

独自の寺院も持たずに

各地で活動して行きました。

親鸞の死後に浄土真宗が確立しました。

では境内に入りましょう!

階段を見て「あ~」

すでに疲れました・・・。

これを登るの?

階段が急過ぎです・・・。

せい君と頑張って

登ろうと意気込んで歩き始めました。

階段の途中で、せい君が立ち止まり

手を振って騒いでいます

近づくとアリの大行列です!

写真では見え辛いですが・・・。

山門が近づき本堂まで

後少しです・・・ちょっと疲れた。

本堂に辿りつきました~。

茅葺屋根です

重厚な造りで、ここまで登って来て

良かったね~と

せい君に聞くと

シラ~として

トボトボ端の方へ歩いて行きました。

せい君の後を付いて行くと

下に降りる階段があり

あそこで休憩したいんだよと

せい君は!とブツブツ言いながら

階段を一段づつ丁寧に降りて行きました。

ちょっと休憩です。

高台にあるので眼下に

景色が広がっています。

何処にでもある田園風景です。

ここは景色が茨城百景なのかな?

何にも感じる事もなく

田んぼがある事を

確認して移動しました。

東屋の脇にある

ちょっとした大木に

せい君は興味を示しています。

でも、きっと虫がいるのでしょう!

降りて来た階段を登っていると

背後から「ドスッ」と何かが

ぶつかる音がして

振り返って見ると、せい君が・・・

うずくまっています。

せい君

転んで膝と脇腹を押えています

痛いと言って動かない

境内の手を清める

水で足の血を洗い流して

足を引きずりながら急な階段を

降り始めたけど

降りる時の方が急に感じました

怖いです転げ落ちそうです・・・。

途中からスロープになった道が

わき道があって、そっちから降りたけど

スロープも結構急で

転げ落ちそうで、せい君泣きだしてしまいました

こんなに急だとジッちゃんバッちゃんは

お参りするのが大変でしょうね!

帰りの車の中で

急な階段とスロープの恐怖が

頭から消えない、せい君は

車がカーブにさしかかったり

坂道を登ったりしたら

悲鳴を上げて怖いからと言っていましたが

無視して進んでいたら

いつのまにか

せい君の恐怖心は消えていました。

無量寿寺

鉾田市鳥栖1013

TEL0291-36-2732

大きな地図で見る

にほんブログ村 地域生活ブログ 茨城情報へ FC2 Blog Ranking

   ↑        ↑

いつも応援ありがとうございます。

今日の1曲はこれ!

|

« ポケットファームどきどき | トップページ | 大儀寺 »

鉾田市・行方市」カテゴリの記事

コメント

親鸞といいますと、
南無阿弥陀仏の人でしょうか。
偉い人だったとききます。
階段はしんどそう(笑)
テクノもすきなのですね

投稿: 山口ジジイ | 2008年9月12日 (金) 09時59分

こんにちわ(・∀・)ノ珍しく携帯からのコメントです。
無量寿寺、名前だけは聞いたことがありますがまだ訪れたことはないです。
(οдО;)、なんて急な階段なの?体力が必要ですね!せい君もよくぞ頑張って上ったね、えらいぞ!!

茅ぶき屋根の寺院がなかなか風情ある佇まいですね。一見の価値アリかも。

投稿: 竹千代 | 2008年9月12日 (金) 11時16分

子供の心は純なもの
善いも悪いも
たちまち染まる
っていうのが、いいですね。
こういうのが、お寺には週変わりで
書いてあり、心に留めておきたい言葉ばかりです。
せい君は、遊具を期待していたのかな。
もう少し大きくなったら、良さがわかりますよね。
応援2☆

投稿: ブルー・ブルー | 2008年9月12日 (金) 11時42分

こんにちは!
一休さんか昔はなしでも
でてきそうなお寺さんですね!
せいくんやパパが怖がる急な
下り坂!
修行寺なのでしようか!?

ほんとにお参りに来る
お年寄りは大変だろうなー
と先ず思った事でした。
応援ぽち!kensuke^^k

投稿: kensuke^^k | 2008年9月12日 (金) 12時08分

せいパパさん こんにちはhappy01

無量寿寺ですか~ これはコメントしなきゃ
ここは、実家の近くです。
縁あって数ヶ月前、実家の両親がお墓を
建てました。生前に建てるのは寿陵墓と
言うんですよね。
先日も用事があって行きました。
ご住職がとてもいい人です。

大変な階段があるんですね。w(゚o゚)w
私はここはわかりませんでしたcoldsweats01
違う道から行くと、場所的には上の方と
言ったらいいのかな?
違う道から行くと、上の方に墓地があり、
大きな駐車場があります。
階段は特になく、お寺に行けますよ。
足が悪い人、お年寄りの方はそちらから
行けば大丈夫ですねrun

投稿: つぅ | 2008年9月12日 (金) 13時54分

階段って登りより下りのほうが大変ですよね。
すごく急ですね。

茅葺屋根のお寺ってめずらしいですね。
緑豊かで、夏はすずしそうです^^

投稿: maekumi | 2008年9月12日 (金) 16時02分

昔ながらのお寺の風景ですね。
急な階段や大木のある風景からは、天狗でも出てきそうな感じがします。
夕暮れになると怖いでしょうね。

投稿: たくたくろ | 2008年9月12日 (金) 18時19分

今日も携帯からコメです(ぽちはPCからできますが)PCよりぽち済

投稿: ゆっき~ | 2008年9月12日 (金) 21時41分

happy01山口ジジイさんへ
そうです親鸞は
南無阿弥陀仏です。
開宗しないで自分の寺院も
持たないなんて
人の上を行く方は
やり方も違いますね!

私は懐かしい邦楽ばかり
記事に貼り付けていますが
本当は洋楽が大好きです!
洋楽・邦楽問わず
テクノやハウスが大好きですが
マニアックすぎて貼れ無いですね~。

投稿: せいパパ | 2008年9月12日 (金) 23時40分

happy01竹千代さんへ
茅葺屋根で急な階段
風情がありました!
偶然前を通ったので
行ってみました。

浄土真宗の寺では
県内でも最古だそうです!

投稿: せいパパ | 2008年9月12日 (金) 23時42分

happy01ブルー・ブルーさんへ
せい君は遊具か楽しめる場所を
探していましたが
こけて怪我をしてしまいました!

細かい所まで見て頂き
ありがとうございました
子供は与えられた環境で
素直に成長して行くと
言いますからね
問題児は問題のある環境で育ち
良い悪いが判断できる子は
良い教育を受けて来たのでしょうね
全て家庭環境ですね!

投稿: せいパパ | 2008年9月12日 (金) 23時47分

happy01 kensuke^^kさんへ
ホノボノとして
のんびりした寺でした。
階段は意外と急で
上から見ると凄いな~と
感じました。
きっと修行でも十分使えそうですね~。

投稿: せいパパ | 2008年9月12日 (金) 23時48分

happy01つぅ さんへ
そんな道があったのですね。
地元の人しか知らない道でしょうかね?
ここは実家の近くだったのですね
それがビックリしました。
お墓を建てたのですね
大往生できますね~。
母も墓を建てたけど
離婚してしまったので
入る事が出来なくなりました・・・。

投稿: せいパパ | 2008年9月12日 (金) 23時55分

happy01 maekumiさんへ
茅葺屋根の寺は県内で見かけたのは
これで2回目でしたが
なかなか無いので
珍しいですね!
階段はやっぱり下りが
辛いですね。

投稿: せいパパ | 2008年9月12日 (金) 23時58分

happy01たくたくろ さんへ
田舎の景色が眼下に
広がる飾りっけの無い寺でした。
夜になると風景が
一変するでしょうね~。

投稿: せいパパ | 2008年9月13日 (土) 00時00分

happy01ゆっき~さんへ
今日もパソコンで
コメント欄が開けなかったですか?
ポチ&コメントありがとうございます。

投稿: せいパパ | 2008年9月13日 (土) 00時01分

 縁あってこのサイトに辿りつきました。
 この度はご参拝いただきありがとうございました。( ^ω^ )
 最初は読むだけにしようと思ったのですが,せい君があまりにも可愛いので出てきてしまいました。
 ぜひまたおいでください。そのときはご遠慮なく一声かけてください。゚.+:。(・ω・)b゚.+:。

投稿: 無量寿寺(子供) | 2009年1月24日 (土) 22時40分

無量寿寺(子供)さんへhappy01
コメントありがとうございました。
こんなお粗末な日記に
遊びに来て頂き感謝しています
次回訪れた折には宜しくお願いします
とても自然が多くて記憶に残る名刹でした。

投稿: せいパパ | 2009年1月25日 (日) 10時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ポケットファームどきどき | トップページ | 大儀寺 »