« 幕末 | トップページ | 網掛公園 »

歴史シリーズを振り返って

せいパパですhappy01

8月16日から書き始めた

歴史シリーズも幕末まで

まとめ終わり一応完成しました。

コメントを頂いた数多くの

ブロガーさんありがとうございました。

一つ一つのコメントが

記事を書く原動力になっていました。

近代・現代の歴史も激動の歴史だったので

書きたいと思ったのですが

時間的にも体力的にも

辛くなってきたので終了にしました・・・。

この先も楽しみにしている方も

多かったと思いますがゴメンナサイ。

時間を置いて第二次世界大戦まで

書き上げたいと思っていますので

気長に待っていてくださいね~。

歴史シリーズは

旧石器時代から始まり

縄文・弥生・古墳・飛鳥・奈良・平安

鎌倉・室町・南北朝・戦国・安土桃山

江戸前半・中後半・幕末と

15記事で構成しました。

歴史をもう一度簡単に振り返ると

旧石器時代は氷河期で

私達の祖先は狩猟生活を

送っていました。

縄文時代に小さな集落が出来て

集団生活が始まりましたね。

弥生時代は混乱の時代で

集落が冨を求めて争いを始めた時代です。

古墳時代は権力の象徴の

古墳が作られ始め

飛鳥時代では古代国家が誕生しました。

奈良時代には法律が出来て

天皇中心の律令体制が整い

平安時代には多くの権力者が

政権奪取の為に争い武士が

政権のトップに君臨しました。

鎌倉時代から武士政権が確立し

武力が政治を左右する時代に入り

室町時代では武力がぶつかり合い

南北朝・戦国時代で混迷を極め

一歩踊り出た徳川家康が

江戸時代を築き

太平の世を迎えましたが

時代の変換期の幕末を向かえ

江戸時代は終わりました。

簡単に言うとこんな感じでしたね!

その時代毎に様々なドラマがあり

現代に通じる事柄が

沢山散りばめられていたと思います。

歴史は繰り返します

今は平和な時代ですが

混乱と混乱の狭間に

位置しているだけでしょう。

歴史を理解すればするほど

一つ言える事は

正しいと言う物は存在しないと

言う事です!

時代背景で、それは決まってしまいます。

戦争は、いつ起きるか

わかりません。

歴史は人殺しの歴史なので

戦争に結びついてしまいますが・・・。

時代が戦争を求めれば

混乱期を迎えます。

私達はその時何を信じればいいのか

悲惨な戦争は反対と

訴えています私も戦争は反対ですが

歴史を紐解くと

そう簡単に戦争反対とは

言ってられません・・・。

これから先は私の考えですが

不満があるから小競り合いが起こってしまいます。

その小競り合いが強大な力を持った時

歴史は静かに動き始めます。

メディアも教育も変わってきます!

そんな中私達は何を基準に

道を選択して良いのか混乱してしまいます・・・。

戦争反対派、戦争推進派に

国内が分かれたとしましょう

あなたはどっちを選んでも自由ですが

多分多数派の

戦争反対派を選んだとしましょう。

世論が戦争反対を訴え

戦争推進派を弾圧します

すでにそこで血が流れるでしょう

完全に弾圧が出来れば

良いですが残党が残っていたら

最後まで政府は弾圧しようとするし

国民もそれを願いますが

弾圧の最前線では血が流れています

この時点であなたは戦争とは

何かを見失っています。

自分と違う考えを持った人を

排除する事に疑問を感じないのです!

抹殺されて当然だと考えてしまいます

戦争とは人を傷つけますが

傷つけると言う行為が

麻痺して分からなくなってしまいます・・・。

あくまで私の考えなので

異論は沢山あると思いますが

歴史シリーズを書いていて

強く感じたことです。

戦争が無い世界が続いて欲しいと

私は願っています。

歴史シリーズの総評でしたが

私個人の考えを記事にしてしまいました

戦争の無い世界を実現させるには

何が大事か考えて行きたいですね!

にほんブログ村 地域生活ブログ 茨城情報へ FC2 Blog Ranking

   ↑        ↑

いつも応援ありがとうございます。

今日の1曲はこれ!

|

« 幕末 | トップページ | 網掛公園 »

茨城県の歴史」カテゴリの記事

コメント

こんばんは~

ついに完結したんですね!!お疲れ様でした。
本当に戦争がない世の中になることを切に祈っています!!

ほとんどコメントできなくてごめんなさい。
最近は自分のブログを更新する事もままならず・・・。

投稿: ふぅた | 2008年9月 8日 (月) 04時27分

お疲れ様でした、一つの事をやり遂げて、随分ステップアップされたような内容です。
歴史の舞台に登場する人間達の機微を、歴史小説は良く表していると思います。2~3冊しか呼んでいないので偉そうな事は言えませんが、司馬遼太郎さんの本は読みやすかったです。

NHKの「篤姫」ももう少し違って見る事が出来るかもしれないですね。もっと深くとか言う意味です。

投稿: トーマス | 2008年9月 8日 (月) 06時01分

今まで忘れていた、歴史を再確認できました。
よく考えたら、いろんな所で小競り合いは起きていますね。
今度の総裁選も民主党に勝つ為と、さっきテレビで力説していましたし。
全党で協力して、日本を住みよくしようとは、思わないんでしょうね。
応援2☆

投稿: ブルー・ブルー | 2008年9月 8日 (月) 06時44分

happy01ふぅた さんへ
忙しそうで何よりです!
仕事頑張って下さいね
私も、お店に遊びに行かせて頂きますね~。
体には十分気を付けてね!

争いごとが無い世界が
ずっと続いて欲しい物ですね。

投稿: せいパパ | 2008年9月 8日 (月) 09時03分

happy01トーマスさんへ
恥ずかしながら
私は歴史小説も篤姫も
読んだり見たりしてないのに
偉そうな事を書いてしまいました。
それでも歴史の文献や資料は
沢山読んでまとめてみました。
これからは物の見方が
今までより変わった世界に
見えると思います
もっと深く!

投稿: せいパパ | 2008年9月 8日 (月) 09時06分

happy01ブルー・ブルーさんへ
いつの時代も民衆無き政治です・・・。
力を合わせて乗り越えようとは
政治家さんも考えないのでしょうね・・・。
時代を変えるニューヒーロー
今後の日本に登場するのでしょうかね!

投稿: せいパパ | 2008年9月 8日 (月) 09時08分

人の争いははるか昔からあったものです。
それが文化の始まりであったのかもしれませんね。
過去を振り返って、歴史としてみるとカッコイイことも、その当事者や家族たちはさぞかし悲しい思いをしたのでしょうね。
今後も争いは絶えないと思いますが、国と国の戦争がなくなって、それが個人間の殺し合いにならないよう気をつけたいものです。

投稿: たくたくろ | 2008年9月 8日 (月) 09時38分

例えば、永世中立国のスイスでは、自分の国は自分で守ると、軍事力はかなりのものを持ってますし、国民はいつ何があってもいいように準備をしていると聞きます。
平和が軍事力あってのものではなく、人間として手を取り合っていける世の中になればいいのにと思います。

投稿: maekumi | 2008年9月 8日 (月) 11時57分

なるほど。
歴史に正しいものはないですね。
近い将来、近代物の記事があるので、
楽しみにしてますね。

投稿: 山口ジジイ | 2008年9月 8日 (月) 16時58分

こんばんは~
歴史シリーズお疲れ様でした

戦争に関しては
理想しか言えませんが
本当に平和な世界をのぞむばかりです

日本で起きた戦争体験も
今世界でおきてるものも
メディアで伝えるものしかみえませんが
私達にできることがあるのか
考えながら
これから先の人生を
過ごしていこうと思います ぽち

投稿: ゆっき~ | 2008年9月 8日 (月) 21時16分

こんばんは。
歴史シリーズお疲れ様でした!^^
戦争が無い世の中!僕も同感です。
早く平和な世の中になればいいですよね。
今日のぽちぽち~^^

投稿: kon25 | 2008年9月 8日 (月) 22時12分

せいパパさん、こんばんわ♪歴史シリーズ、とりあえずは一区切りですね!
ここまで記事に書くのに相当、お調べになられたことでしょう、大変お疲れさまでした!

悲しいことですが、人間は常に”戦う”生き物なんですよね。平和を望んでもそれは戦い、血を流さなければ得られないもの。。。変な言い方をしますが、犠牲者の死体を積み重ねて歴史が存在するといってもおかしくないのですよね(ーー;)

戦争を引き起こす原因の一つには”利害関係”があります。本当の意味での平和な時代が来るとき・・・
それは遠いいにしえの何もなかった時代・・・貧しかった縄文時代以前の頃と同じ世界になったときかもしれませんね。

いづれにしろ、戦争はない方がいいです。

投稿: 竹千代 | 2008年9月 8日 (月) 23時11分

こんばんわ!
お久しぶりです!
歴史シリーズ、とりあえず一段落お疲れ様ですv
歴史を振り返ると、本当に不本意ながら、争うことと生活をより良い方向へ持っていくことが紙一重ですよね。
ずーっと同じ考えで、人類が一まとまりだったなら、生活は縄文時代・・・むしろ猿人で止まっていたかも知れませんもんね。

私は、意見を対立させることは無くならないと思っていますし、それ自体は良いことでもあると思うんです。
ただ、自分の意見を押し出す時に「相手側をけなす」のではなく、「自分側がいかに良いかを褒めちぎり強調する」ということをちょこっと心がけると良いんじゃないかと思います。

もちろん、これは極論なので、実際の戦争や社会に当てはめるには規模が小さいのは承知しています。
実際にはもっともっと複雑な事情がありますし。
ただ、こんな小さなことでも心がければ、日常の小さな小競り合いくらいは減るんじゃないかなと思います。

長くなって申し訳ありませんでしたー!

投稿: あい | 2008年9月 9日 (火) 00時22分

happy01たくたくろ さんへ
私達が凄いと思う歴史は
悲惨な状況が裏側にあるのですよね。
歴史は争いの歴史です
現在も争いをしている国や地域も
ありますが
日本もそうならないように
したいものですね。

投稿: せいパパ | 2008年9月 9日 (火) 00時28分

happy01maekumi さんへ
日本も軍事力は世界でも
有数な規模ですが
平和は軍事力の上に
なりたっているのは事実ですね
スイスも正当防衛で
戦う意思がハッキリしていますね
攻め込まれて負けてしまったら
政府の無能さを責めるのも
また国民です。
戦争反対と言っておきながら
最悪な状況になったら
違う意見を言うのも人間です。
何が正しいか本当に
分からないですね・・・。

投稿: せいパパ | 2008年9月 9日 (火) 00時34分

happy01山口ジジイさんへ
歴史には全く正しいと言う
答えは存在して無いのです
正義では無く
時代が何を求めているかで
正しいが決まってしまうのは
悲しいですが現実ですね
それが顕著に表れているのが
近代日本の歴史です。
楽しみにしていて下さいね!

投稿: せいパパ | 2008年9月 9日 (火) 00時36分

happy01ゆっき~さんへ
私達の力は小さいけど
柔軟な考えが出来るように
生活したいですね。
いつまでもこの平和国家が
続く事を私も強く願っています。
ただ言えるのは
私達はメディアでしか
情報を得る事が出来ないと言う事です
操作されたり編集されたら
私達には真実は知らされないままで
混乱してしまうと言う事ですね。

投稿: せいパパ | 2008年9月 9日 (火) 00時40分

happy01 kon25さんへ
戦争が無い世界
考えると簡単な事だけど
この簡単な事が出来ないのが
現実ですね。
戦争のない世界が実現出来る時が
訪れる事を願っています!

投稿: せいパパ | 2008年9月 9日 (火) 00時43分

happy01竹千代さんへ
歴史シリーズを書く上で
少ない文章で伝えたい事を
簡潔にまとめる事が大変でしたが
その作業をしている内に
疑問に感じて来たのが
歴史とは殺人だと言う事です。
スーパースターなど
強い事にあこがれて
歴史が好きになったけど
どれだけの人を殺して
トップになったのかを
感じた時矛盾を感じました。
竹千代さんの言う通り
利害関係で歴史は動いています
人間欲が満たされたいのです
人の上に立ちたいのです
大義名分によって
国民は騙されてしまいますね。

投稿: せいパパ | 2008年9月 9日 (火) 00時50分

happy01あい さんへ
お久し振りです。
熱いコメントありがとうございます。
自分と相手は考えが違うのです
相手をけなしたら
争いしか生まれませんし
自分の意見を推し進めても
相手は不機嫌になります
共存が一番良いのですが
私達の普段の生活でも
上手くいかないですね・・・。
相手と自分は違った考えを
持っていると考え
受け入れる自分の意見も
受け入れて貰う難しいですが
日々の生活で少しづつ
養っていきたいですね!

投稿: せいパパ | 2008年9月 9日 (火) 00時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 幕末 | トップページ | 網掛公園 »