« 大儀寺 | トップページ | ブログの引っ越しかな? »

パパ

見慣れた風景を走りぬけ

何も無い道を進むと

湖岸に辿り着いた。

この場所が更に何も無い所だとは知っている。

目の前には南北に細長く広がる

北浦があるだけだ。

せい君を遊ばせ、私はコンクリートで

固められた堤防に

腰掛けると暖かい空気に包まれ

いつしか横になり

一人で無邪気に遊ぶ我が子を眺めていた。

せい君が、こっちに近づいて来た

「パパ何で寝てるの?

寝たら駄目だよ遊ぼう」

私はパパなんだ

当たり前の様だが不思議な感覚になった。

私の様な人間でも

結婚して妻と子供と暮らし

私をパパと呼んでくれる。

いつの頃からだろう

多分、小学生の頃だと思う

人を羨ましいと思い

自分の存在意義がわからなくなってしまっていた。

「自分は弱い。」

そのコンプレックスが強く

より強い人たちの中に

入っていたが望んでいる訳では無い

自分の居場所なんて無かった・・・。

毎日が面白くない

自分が好きじゃ無い

強い人たちの傍にただ居ただけだ。

友達でも仲間でも無い

ただ傍に居ただけだ。

大人と呼ばれる年頃になり

周囲は結婚をしていったが

私は結婚とは無縁であった

自分に自信が無かった・・・。

それでも今は私の事を

パパと言ってくれる妻と子供が

いつも傍に居てくれる。

今幸せですか?

そう聞かれても困ってしまう

「幸せだけど、わからない・・・。」

これが正直な答えだ

かろうじて私も現代人だろう

それでも私に、せい君は「パパ」だと

言ってくれる。

目の前には、いつもと同じ北浦と

無邪気に遊ぶ子供が居る。

子供が私を大人にしてくれているかもしれない。

にほんブログ村 地域生活ブログ 茨城情報へ FC2 Blog Ranking

   ↑        ↑

いつも応援ありがとうございます。

今日の1曲はこれ!

|

« 大儀寺 | トップページ | ブログの引っ越しかな? »

短編小説」カテゴリの記事

コメント

せいパパさん おはようございますhappy01

今日の話は、私も同じような思いを
することがあります。

大人になりきれてないような
まだ子供みたいな自分がいて・・・
大人という自覚がなく
自分は大人という自信がなく・・・
私は何? と思うことあります。

我に返ると
お母さんと呼んでくれる子供たち
優しい主人
37歳の私・・・

しっかりしなきゃ・・・coldsweats01


せいパパさんは間違いなく
可愛いせいくんのたった1人のかけがいのないパパhappy01
奥様は、この地球の星の数ほどの
人の中から選んだ(選ばれた?)人lovely

そんな思いにふけったり、
そんな感情になったりって
おかしくないと思います。
我に返った時に、現実に戻り
目の前にあること、やらなくちゃいけないことを
「頑張るぞ~up
でいいんじゃないですかねwink

せいパパさんが言いたいことと違って
いたらごめんなさいcoldsweats01

でも今日の内容を読んで
せいパパさんにまた好意を持ってしまいましたwink


投稿: つぅ | 2008年9月14日 (日) 07時14分

おはようございます!
ん?なんだかいつものせいパパさんと違う。。。(ーー;)と思いつつ読ませていただきました。
子供は親を写す鏡だと、よく言われます。
せいパパさんが歩んできた人生や知らず知らずのうちに身に付けていた何気ないものをせい君はせいパパさんから感じ取っているのかもしれません。良いことも悪いことも。

いづれにしろ、せい君にとって”パパ”と呼べる人は世界でせいパパさんだけなのですから、これまで通り心と心の触れ合いを大切にして接してあげてください(*^_^*)

生意気言って申し訳ありません。
子供も居ない私が言う権利などありませんが、”所詮おばさんのたわごと”と聞き流していただければ。。。(^^;)

私がブログで見た限りでは、せいパパさんは立派に”パパ”の役目を果たされていますよ!

投稿: 竹千代 | 2008年9月14日 (日) 09時48分

今まで、いろんなことがあったかもしれないけれど、せいパパさんは、今は紛れも無く素晴らしい親だと思います。
そして、子供の成長と共に親も成長していくんだと思います。

私は、毎年新しい年齢の子供の子育てだと、初めての体験だと思いながら、子育てをしています。
今年は15歳の息子ともうすぐ17歳の娘の子育て中です。
応援2☆

投稿: ブルー・ブルー | 2008年9月14日 (日) 12時57分

は~。わたしもまだ「お母さん」に慣れませんね。
まだまだ子供っぽいというか大人になりきれてないのに
こんなのが母親でいいのかな~って思うことが多々あります。

投稿: 二代目の嫁 | 2008年9月14日 (日) 13時24分

今日のコメントは、父というものの、懐かしさと哀しさを、表現していて、いい文章だと思いました。私も父を4歳で亡くしていますので、面影の父ですが、肩車や高い高いをしてくれた父をふと思い出します。そのときの父は晩年でしたが、やはり自分は父なのだなと、こういう気持ちを持ったような気がします。

投稿: 大豆まめあらためたんぽぽ | 2008年9月14日 (日) 15時32分

つくばに10月末に出来る、大型ショッピングセンターで建設工事の真っ最中です。
職人さんの手伝いで(うちの職人さんは優しい人ばかりなので、怒鳴り声は聞こえません(笑))

とにかく大きいです。階段の上り下り、自走式駐車場も徒歩で歩きます。たまたま工事中のエスカレータの上り下りをしましたが、いつもは階段の上り下りなので、それほど感じませんでしたが、
階段には途中に「踊り場」という一休みする場所というか平坦な場所がありますよね。それが階段から転落した場合のリスクを押さえる役目もしています。

エスカレーターで一気に上ると疲れます。
途中の踊り場がないとこんなにも疲れるのかと
思うほどです。

今回のそして最近のせいぱぱさんブログを読んで
責任とか不安とか、自分が「人生の踊り場」で過去を振り返り、未来を見つめている
そんな場所にたどり着いたのではないかと
感じました。

踊り場ですから、これからずっとずっと先は
まだまだあります。

ただその途中で今の自分があること。
 おっしゃっているような
奥さんとか子どもとかの家族、仕事やプライベートの友人仲間に感謝とか反省とかを思える
ようになったのは、人間の成長ではないかと
羨ましくも思います。

人間、心では思っていても、プライドとか恥とかが邪魔して素直な心を吐露できにくいものです。
と自分自身を反省^^;

さあ、またあしたから、つくばに行ってきます。
いずれ工事中の写真をUPできればと思います。

投稿: トーマス | 2008年9月14日 (日) 16時08分

こんばんは!

本日の記事
僕もせいパパさんの気持ち分かります

というのは
僕もあまり自分に自信がないから・・・

でもこれまでの人生で
いろいろあられたのだと思いますが
今はせいパパさんにとって
せいパパさんを信頼されてる
奥様とせい君がいるということは
本当に幸せなことではないでしょうか

そしてそんな
少なくとも
お2人に愛されている
(実際はもっといらっしゃると思いますが)
せいパパさんを
僕はうらやましく思います!
これからもそんなせい君と奥様を
大切にしてあげてくださいね!(^。-)

あ それと昨日からの
コメント欄がでない件
もしかしたら
記事が3日分あがるので
容量が重たいのではないかと思われます
(特に画像が多い場合なかなか開きません(T.T))

この件書くか書かないか
迷ったのですが・・・
できれば今後も
コメントをしていきたいと思うので
あえて書かせていただきました
ご気分を悪くされたら
本当にすみません

1日分だけにしていただければ
速度が遅い方も見やすいかと思いますので
ご検討いただければ幸いです

今日は勝手なことを書いて
本当にすみませんでした
応援ぽち!

投稿: ゆっき~ | 2008年9月14日 (日) 18時31分

こんばんは!
今日の記事は小説を読んでるような
流れですって^^k
せいパパさんは子煩悩だと思う。
こんな平凡な幸せが
一番だと思います!

ところで僕もノートーパソコンで
せいパパさん記事を開くのに
遅くてフリーズすることが
あったりします。
古いので仕方ないだけど
画像表示に限界があるからかなー
なんて思ってるんですが
やっぱり記事が重たくなってるのかなー
なんて思います。
家のは速度が早いからまだいいんですが
出来たらご検討をです。
今日も応援ぽちっと!

投稿: Kensuke^^k | 2008年9月14日 (日) 19時59分

親になるということは、そういうことなんですね。
未婚の筆者、何だかうらやましく思えます。
子育てをすることで、親も成長する。そんなことを何処かで聞いた気がします。

投稿: 桃源児 | 2008年9月14日 (日) 22時37分

こんばんは、せいパパさん。
おかげ様で娘も退院できました、感謝!
せい君は、パパ似ですか?
うちの娘は、僕に似てます。
これからもどうぞよろしくお願いします。
恩返しのポチ

投稿: kon25 | 2008年9月14日 (日) 22時40分

その気持ちは私もよくわかります。
私も小さい頃から自分に自信がなく、
いじめられっ子でした。

それがちゃんと結婚できて子供にも
恵まれて‥。
こんな私でも「お母さん」と頼りにしてくれるんですよね。

今はもうみんな大きくなってしまいましたが
今でも時々、私が育てたんだなぁって
不思議な気持ちになります。

子供の成長と共に、親も成長するんですよね。

投稿: maekumi | 2008年9月14日 (日) 23時38分

何事にも一生懸命であれば、子供にも伝わるだろう・・と頑張ってますけどね。
私もまだまだ、子供っぽい所たくさんあるんで
自信を持って大人だとは言えないかも。
親のように、私も親を頑張っていけるのかな?
人生は日々勉強ですね~。
でもせいパパさんは、家族を思う気持ちがありますから♪
家族の絆があるって、やっぱり幸せな事だよね。

投稿: まほろば | 2008年9月14日 (日) 23時55分

 せいパパさんへ

 以前 主人も同じようなことを
言ったことを思い出しました

 育児をしてますが 間違いなく
育自でもあります 自信なんて
いえるほどありません 毎日がガチンコです
それが 親子だと思ってます
 一緒に 人生を豊かに 集約させて
いけたら いいなぁ。。。と思えてきました

 せいくんは まっすぐパパを見て 感じ
答えていることだと思います

 大きくなっていき 自分の想像以上のことを
みせた 子どもにとても大きなチカラと
感謝を感じます 子育ての醍醐味でしょうか

投稿: まさ | 2008年9月15日 (月) 00時19分

happy01つぅさんへ
私と同じ考えですよ。
人生手探りですね
今までの歩んできた道は
変える事は出来なく
これから先の人生にも
希望があるのかと
考えながら子供の写真を
見ていて頭をよぎった内容です。
ここで一度客観的に自分を
見てみました。
素直に見つめ直す事により
これから歩く道を模索して行くためには
素直にさらけ出した方が
良いかな?と感じて。
自分は一人じゃ無いと
改めて感じる事が出来ました!

投稿: せいパパ | 2008年9月15日 (月) 00時38分

happy01竹千代さんへ
いえいえ参考になりますよ。
せい君にとっては
私だけが世界で唯一のパパですよね!
ブログで自分を見つめ直したのは
今回で2度目でした。
前回も自分の内面を
見つめたが何処か飾りを付けて
良い表現でしたが
今回は頑張れ自分と思う為に
ありのままの自分を出す事が
出来て良かったです!

投稿: せいパパ | 2008年9月15日 (月) 00時42分

happy01ブルー・ブルーさんへ
これから子供もドンドン大きくなり
今までより多くの出来事が
起きるのでしょうね。
これからも子供と共に
日々成長していければ良いです。
今回の記事はこれから小説に
チャレンジする為に
自分の内面をさらけ出し
リセットして自分の気持ちに
素直に文章を書く為に
これまで感じていた事を
文章にしてみました。
何だかスッキリしましたよ
これで素直に自分の言葉で
自分が感じた事を
小説と言う新たな道へ
進めそうです。

投稿: せいパパ | 2008年9月15日 (月) 00時47分

happy01二代目の嫁さんへ
私と同じですね!
こんな自分で良いのかなと
毎日思っています・・・。
頭の中は子供のままですからね~。
子供が私達に大人になれと
言っているようです。

投稿: せいパパ | 2008年9月15日 (月) 00時49分

happy01たんぽぽ さんへ
4歳の時に
お父さん他界されたのですか
お母さんは苦労されたでしょう。
きっと、たんぽぽさんは
お母さん思いの方なんでしょうね。
父の面影が残っているなんて
天国の、お父さんも喜んでいる事でしょうね!

投稿: せいパパ | 2008年9月15日 (月) 00時52分

「母と子は同い年」
そんな話を聞いたことがあります。
子供が生まれて初めて親となるなるわけですもんね。
私たち親も、きっと子供ともに成長しているのでしょうね。いや、むしろ育ててもらっているのかもしれません。
私も時々せいぱぱさんと同じようなことを思います。人間誰でもそんなものだと思いますよ。所詮ちっぽけなものです。
自分を親と慕ってくれる子供の存在こそ、人生における宝物だとだと思います。

投稿: たくたくろ | 2008年9月15日 (月) 00時55分

happy01トーマスさんへ
人生の踊り場ですか
分かりやすい表現ですね。
当たっています!
私は今まで過去は過去で
包み込んで見えない所に
保管して自分を大きく見せる事だけでした
こうして自分をさらけ出す事なんて
ありえない事ですが
今回はこれからの人生の
ステップアップの為に
素直に自分自身を見つめました。
嘘でも何でもないので
隠す必要は無いと分かったのです。
これから先も人生は続きます
私を取り巻く人の為に
自分が出来る事を模索しながらですが
歩いて行きたいと思います。

つくばのショッピングセンターの
建設をしていらっしゃるのですね
完成が楽しみです!

投稿: せいパパ | 2008年9月15日 (月) 00時59分

happy01ゆっき~さんへ
私は今でも自信が無いです
逃げる事はしないですが
私を慕ってくれる
家族がいるからこそ
ここまで頑張って来れました
子供の存在は大きいですね!
私は幸せなんですね
普通すぎて分からなくなって
しまうこの切なさです。

私のブログが開かないと
ゆっき~さん初め時々言われます
ブログの引っ越しを検討してみますね。

投稿: せいパパ | 2008年9月15日 (月) 01時04分

happy01: Kensuke^^kさんへ
これから小説に挑戦して行こうと
考えた次第なんです。
小説みたいと言われて
とても嬉しいです!
第1回目の小説的な記事ですが
内容は自分自身を
正直な気持ちで見つめました
自分をさらけ出す事は
勇気がいりましたが
そうしないと素直な文章は
到底書けないだろうと思います。
私は幸せなんですね。

ブログを引っ越しする事を
検討しています。
記事が長いのでダメなんでしょうね。

投稿: せいパパ | 2008年9月15日 (月) 01時08分

happy01 桃源児さんへ
自分に自信が無い
私が子育てをしているので
将来に不安が、いつもあります。
子供を育てると言う事は
成長させて貰っていると
感じました。
逃げ出す事が出来ない現実ですが
パパと言われるのは
変える事が出来ない程
嬉しいですね!

投稿: せいパパ | 2008年9月15日 (月) 01時11分

happy01kon25さんへ
娘さん退院おめでとうございます。
パパになんですね!
せい君も私に、そっくりで~す。
こちらこそ
これからも宜しくお願いします。

投稿: せいパパ | 2008年9月15日 (月) 01時12分

happy01 maekumiさんへ
子供の成長は本当に不思議な感覚に
襲われますね。
子供みたいな自分が子供を
育てているのですからね。
maekumiさんにも辛い過去が
あったのですね。
人には言いいづらい事を
こうして私にさらけだしてくれるなんて
強いですね!

子供がいるからこそ
自分が頑張れるのでしょうね!

投稿: せいパパ | 2008年9月15日 (月) 01時17分

happy01まほろば さんへ
私が子供の頃の
両親の年頃になり
親が凄い大人に見えたのですが
実際自分が同じ年頃になって
感じるのは若い時の自分と
あまり変わってない事です
母が強かったのも
私達兄弟を育てなければと
思っていたのでしょうね。
私も親の様な親になる事を
目標にしなきゃな。

投稿: せいパパ | 2008年9月15日 (月) 01時21分

happy01まさ さんへ
育自そうですね。
子供を育てて行く過程で
自分が成長しなければと
いつも感じる事ですね。
子供は自分の鏡ですね
良くも悪くも親の背中を
見て育つとは良く言ったものですね。

旦那さんも同じような事を
言ってらっしゃとは
親になると言う事は
やっぱり辛い面が多いですね!
それが生きる励みになっています。

投稿: せいパパ | 2008年9月15日 (月) 01時25分

happy01たくたくろ さんへ
そうですね人間なんて
ちっぽけな存在ですね!
じたばたしても、どうしようも無いですからね
子供がいて私達が存在している。
毎日少なからず勉強の日々です。
これからも子供に
育てて貰い続ける事でしょうね。

投稿: せいパパ | 2008年9月15日 (月) 01時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 大儀寺 | トップページ | ブログの引っ越しかな? »