« 旧石器時代 | トップページ | 弥生時代 »

縄文時代

せいパパですhappy01

縄文時代

高校講座 縄文時代 

動画が3個に分かれていますので

興味がある方は見てください。

結構長いです・・・ゴメンナサイ。

2番目の動画

3番目の動画です。

約1万3000年~3000年前

縄文時代は

大きく形成期と成熟期にわかれています。

縄文時代の後半は稲作が始まり

弥生時代と重なっています。

縄文時代の特徴は土器の模様です

土器の表面に縄で押しつけた文様があります。

縄文と言う呼び名は

大森貝塚(東京都品川区~大田区)から

出土した索紋土器(さくもんどき)の

呼び方を

偉い人が縄文土器と変えたので

縄文時代と名称が付きました。

縄文時代後期には

稲作も始まり

竪穴住居も多く発掘されて

定住生活に移行した事が分かっています。

茨城県の縄文時代

氷河期が去り

気候が暖かくなって

海水面がみるみる上昇し

茨城県常総市や栃木県藤岡町まで

海になっちゃったんです。

これを縄文海進と呼んでいます。

貝塚が多く形成され捨てられた

貝や石器、土器、動物などの骨から

縄文時代の生活がわかりました。

茨城県内には約8000の縄文遺跡が発掘され

そのうち約300が貝塚です。

有名なのは

日本人による初の近代的な

発掘が行われた

陸平貝塚(おかだいらかいづか)(美浦村)や

巨人伝説が残る大串貝塚(水戸市)です。

狩猟生活から定住して稲作が

始まってきた時代で

集団生活の秩序が作られて来た

時代です。

歴史が大きく変わる

転換期になって来た時代で

大きな貝塚が各地に作られていたので

人間としての生活様式が

確立した時代だったのでしょうね。

にほんブログ村 地域生活ブログ 茨城情報へ FC2 Blog Ranking

   ↑        ↑

いつも応援ありがとうございます。

今日の1曲はこれ!

|

« 旧石器時代 | トップページ | 弥生時代 »

茨城県の歴史」カテゴリの記事

コメント

昨日からの茨城の歴史解説シリーズとってもおもしろいです。
わたしにとっての歴史のイメージは丸暗記で点数を稼ぐ科目だったのですが、歴史って人々の歩みの積み重ねですもんね。
本当ロマンですね~~
せいパパさんのこのシリーズで人の歩みとしての歴史をもう一度勉強したいです!

投稿: AITAKE | 2008年8月17日 (日) 13時58分

 旧石器時代に引き続き、縄文時代♪obeは縄文土器が大好きです。私の住むまちでもたくさん縄文土器が発見されますよ!
 土偶の顔がのっかっている土器やカエルや蛇やイノシシの姿に見えちゃう模様のついた土器なんかを見ていると楽しくなっちゃうんですよね~。食べ物を美味しい食事に変えてくれる土器へのいろんな想いが見え隠れしているようで・・・。
 次回も楽しみにしています♪

投稿: oberisuku | 2008年8月17日 (日) 16時42分

縄文時代とかってロマンがありますね~

水戸にも貝塚があるのですね。

いつか行ってみよ~

投稿: 水戸大家 | 2008年8月17日 (日) 20時08分

昨日はこちらがお休みにもかかわらず
コメント&応援ぽち
ありがとうございました

おぉ
昨日から社会科のような
ブログみたいですね(^^)

茨城との関連性ということで
続きも楽しみにさせていただきま~す

ぽち

投稿: ゆっき~ | 2008年8月17日 (日) 20時36分

こんばんは~
昨日からの茨城の歴史解説シリーズとってもおもしろいです。
貝塚の場所から推測すると,
神栖ってこのころは海の底だったんでしょうね。
歴史を感じます・・・

投稿: ふぅた | 2008年8月17日 (日) 21時28分

こんばんは!
実は私、H市生まれなんですが
全然茨城の歴史は存じませんでした(^^;

所で、せいパパさん
ランキングどちらも1位なんですね!
素晴らしいです♪

今日も遅くなりましたが、応援させていただきますね!
動画の方は、今日は時間の関係上
また、後ほど見させていただきたいと思います^-^

それでは~♪

投稿: ぴーち | 2008年8月17日 (日) 22時18分

大森貝塚って有名ですねェ~
貝塚が“大盛り”なんですよねっ!?

失礼しましたーーー!

 ポチッ♪

投稿: 那珂川流域 | 2008年8月17日 (日) 22時34分

happy01 AITAKEさんへ
教科書の歴史では無くて
日本人が何を考え
何をしてきたのかを
伝えていければと思います。
物が物だけに
堅苦しくなってしまいますが
なるべく面白い内容で
更新していきたいです。

投稿: せいパパ | 2008年8月17日 (日) 23時27分

happy01 oberisukuさんへ
器で食材が
生きるか死ぬかですよね!
縄文土器も当時の
生活様式にピッタリと
はまった土器だったのでしょうね。
形が滅茶苦茶、カッコイイですからね~。
明日からの記事も
楽しみにして下さいね。

投稿: せいパパ | 2008年8月17日 (日) 23時30分

happy01水戸大家さんへ
水戸にも有名な貝塚があって
公園として整備されているので
機械があったら遊びに行って下さい。
縄文時代は遠い過去なので
ロマンが溢れてますね~。

投稿: せいパパ | 2008年8月17日 (日) 23時31分

happy01ゆっき~さんへ
昨日から歴史を
紹介するブログを始めました。
膨大な資料を簡単にまとめるのは
結構難しいですが
面白い内容になるように
楽しんで記事にしていきますね!

投稿: せいパパ | 2008年8月17日 (日) 23時33分

happy01ふぅた さんへ
縄文時代は神栖一帯は
海岸線を残して
利根川流域は海の底でした
息栖神社周辺もかろうじて
陸でしたが周辺は海でした。

投稿: せいパパ | 2008年8月17日 (日) 23時36分

happy01ぴーち さんへ
茨城出身なんですか!
小難しい内容なので
分かり易く記事にして行きますね。
今回の動画は結構長いので
暇で仕方ない時に見て下さい。

皆さんの応援でランキングは
1位を保っています
応援ありがとうございます。

投稿: せいパパ | 2008年8月17日 (日) 23時41分

縄文土器って元々は索文土器っていうものだったんですか~。
歴史は嫌いじゃないけど、この頃の事って
あんまり真剣にやってなかったような‥(^^;)

またイチからお勉強させていただきます♪

投稿: maekumi | 2008年8月17日 (日) 23時42分

happy01那珂川流域さんへ
きっと貝が
大盛りなんでしょうね
どのくらい盛ってるか
見てみたいですね。
応援ありがとうございます!

投稿: せいパパ | 2008年8月17日 (日) 23時42分

happy01maekumiさんへ
そうなんですよね
この頃は授業でも
最初の頃に習って
あまり覚える物も無く
記憶にも残って無い時代ですからね。
これからの記事も楽しんで
まとめていくので
楽しみにして下さい。

投稿: せいパパ | 2008年8月17日 (日) 23時44分

貝塚懐かしいですね!
私が小さい頃、父親が、ここら辺は昔海だった、
と言うことを言っていて、とてもビックリしたことを思い出しました。

先週末、実家に帰って(電車で)日川浜に行きました。
風力発電が増えていたことにビックリでした。
オートキャンプ場も、たくさんの人でにぎわっていました。20年位ぶりに、日川浜に行きました!
応援ポチッ♪

投稿: nowbest | 2008年8月18日 (月) 00時10分

今、改めて勉強すると面白いですね。
学生時代は、テスト勉強という観念から、丸暗記してすぐに忘れていたような・・・
娘は、好きだから覚えるのでしょうね。
応援2☆

投稿: ブルー・ブルー | 2008年8月18日 (月) 00時14分

happy01 nowbestさんへ
陸地が昔海だったと
言われてもピンとこないですよね~。

20年ぶりに
日川に行ったのですね
それは風力発電の
風車の数に驚きますね!

投稿: せいパパ | 2008年8月18日 (月) 00時20分

happy01ブルー・ブルーさんへ
歴史は暗記と
勉強しましたね!
私のブログでは
年号や人物をなるべく
少なくして歴史を
紹介していきます。
だらだら詳しく書いても
つまらないので
面白く説明する内容を
目指しているので
歴史が好きな娘さんには
物足りないかも知れませんね・・・。

投稿: せいパパ | 2008年8月18日 (月) 00時24分

 おはよございます^^ 私ずっと理系で
きたので 歴史は中学どまり・・・
大人になって 史跡を訪ねたり
していると どんな時代だったか
うかばなくて・・・ こうして書いてくださると
嬉しいです^^

投稿: まさ | 2008年8月18日 (月) 06時54分

happy01まささんへ
私は理系が駄目なんですよ・・・。
史跡も歴史が分からないと
全く分からないですよね
ここで簡単ですが紹介していきますので
理解できると思います
寺院などに行った時に
この時代はこんな時代だったのかな~と
思ってもらえると嬉しいです。

投稿: せいパパ | 2008年8月18日 (月) 12時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 旧石器時代 | トップページ | 弥生時代 »