« 縄文時代 | トップページ | 古墳時代 »

弥生時代

せいパパですhappy01

縄文時代から弥生時代へと

緩やかに移り変わり日本の各地で

小さなムラが成立し

混迷から統一に向かった時代です。

文中の青い文字は関連HPへリンクしています。

弥生時代

北海道と琉球を除く日本で

使われる時代区分です。

紀元前10世紀~3世紀までの

1300年間を指しますが

縄文時代から弥生時代は

境目がハッキリしていないので

曖昧な時代区分になっています。

以前は紀元前300~400年からが

弥生時代でしたが

縄文時代の後半には稲作が行われていたので

500年ほど繰り上げられ

縄文時代の後半も弥生時代に

区分され始めています。

この様に曖昧なのは

弥生時代が何を基準にした時代なのかが

問題になってきます。

弥生式土器を使用した時代が

弥生時代とされていましたが

現在では稲作が確立した頃からが

弥生時代と区分され始めたからです。

弥生時代の特徴は

稲作が確立して定住生活に入り

ムラを形成し貧富の差が出た事です。

食料を確保できた事で

それを得る者、得られない者が現れ

冨を獲得した者が権力者となり

地域一体を支配するようになり

小さな集落が作られ

集落同士が争いを起こす時代になってきました。

九州北部では大きな争いが頻繁に起き

低地から高地へ

定住先を求め移動し始め

そこで新たな地域ごとの争いが

起こり始めました。

その頃の集落で有名なのは

佐賀県の吉野ヶ里遺跡です。

吉野ヶ里遺跡は

弥生時代を代表した

環濠集落(かんごうしゅうらく)と言う

周囲に堀を巡らした集落です。

二重の環濠や物見やぐらを

備えた吉野ヶ里遺跡は

防御的な性格から

日本の城郭の始まりとされ

2006年に日本100名城に選定されました。

吉野ヶ里遺跡の動画です。

邪馬台国は、この時代の国家ですが

詳細は未だに不明です。

卑弥呼が誰なのか

さっぱりわかっていません・・・。

と言うか国家が

あったのかも???です。

邪馬台国の動画です。

弥生時代初期から中期にかけての

遺跡からは大怪我を負った

人骨が数多く発見されましたが

弥生中期以降からは

傷を負った人骨が見つからない事から

この頃には小さな集落から

地域一帯を治める

大きな権力が出来た事が

わかっています。

弥生時代後期には

権力者を葬る際に墳墓が

作られるようになり

弥生時代の次、古墳時代の

形が整ってきました。

茨城県の弥生時代

茨城県に弥生文化が入ってきたのは

弥生中期の紀元前1世紀~1世紀にかけてです。

県内最古の弥生式土器

筑西市の女方遺跡(おざかたいせき)

北原遺跡から出土しました。

県内の弥生式土器は

弥生と縄文の中間型の土器です。

弥生時代の米が確認されたのは

ひたちなか市の東中根遺跡

鹿嶋市の国神遺跡だけです。

土浦市の原田遺跡群からは

土製の紡錘車が出土しているので

機織の技術が広がっていたと

考えられています。

弥生時代後期には

方形周溝墓(ほうけいしゅうこうぼ)と呼ばれる

墓制がみられ

新しい生活様式が始まり

川の周りに出来た

ムラの首長が地域を統一して

権力の時代が始まり

古墳時代の

クニの原型が出来る一歩手前でした。

稲作によって定住が可能になった反面

食料や住む場所を求めて

争いが起き貧富の差が出る

豊かさとは何なのかを

考えさせられる弥生時代です。

にほんブログ村 地域生活ブログ 茨城情報へ FC2 Blog Ranking

   ↑        ↑

いつも応援ありがとうございます。

今日の1曲はこれ!

|

« 縄文時代 | トップページ | 古墳時代 »

茨城県の歴史」カテゴリの記事

コメント

こんにちは!
これを読んでいたら
九州も
縄文や弥生時代には都が有った
というか日本の国家があった
といえそうですね^^k
奈良や京都、大阪の
以前に中心をなしていた
と考えると九州には古墳が多いなー
と思ったこともうなずけるぞ^^kうん!
応援ですぽちっと^^k

投稿: Kensuke^^k | 2008年8月18日 (月) 14時20分

 そういえばうちの父は歴史大好き人間でよくいろんな本を読んでました。
 そして父は邪馬台国は九州にあったはずだと言い張ってました。
 
やはりある程度の物の備蓄ができるようになると貧富の差が出来て争いが起こるのですね。
 ほんと豊かさとは何なのか考えてしまいますね。

投稿: AITAKE | 2008年8月18日 (月) 16時43分

こんにちわ!
今までは教科書で大きく取り上げられている遺蹟と東北の遺跡しか知らなかったので、勉強になりました。
しかし、平和と争いが表裏一体だということを改めて感じる記事でしたね。
平和の為には秩序が必要で、でもそれを作り上げる過程ではやはり争いが起こるという…。
人間に欲がある限り争いは終わらないし、欲が無ければ社会が発展しない…。
ジレンマですね。
応援ポチ♪

投稿: あい | 2008年8月18日 (月) 18時30分

ってゆうかせいパパさんって
歴史の先生になれるのでは?
まじで・・・

投稿: ミナト | 2008年8月18日 (月) 19時00分

熊本にも遺跡や古墳などがあるけど
これまで軽~~く
スルーしていたような(^^;)

もうちょい真剣に
学びながら
見学しなくちゃいけないですかね~
反省反省・・・ぽち

投稿: ゆっき~ | 2008年8月18日 (月) 19時01分

happy01 Kensuke^^kさんへ
九州地方は歴史から遠ざかって行きますが
どの時代でも重要な場所ですよ。
以外ですが九州は強いですね!

投稿: せいパパ | 2008年8月18日 (月) 20時15分

happy01 AITAKEさんへ
お父様は歴史が好きなんですね
熱いですね!
邪馬台国はいったい何処に
あったのでしょうね!

弥生時代を考えると
豊かさとは何だろうと
考えてしまいますね。

投稿: せいパパ | 2008年8月18日 (月) 20時19分

happy01あいさんへ
この時代を調べると
現在も戦争が何故起きるのかを
考える事が出来ますね。
戦争と平和は紙一重なんですよね。

投稿: せいパパ | 2008年8月18日 (月) 20時21分

happy01ミナトさんへ
膨大な資料や知識を
簡単にまとめるのが
結構難しいです・・・。
お出かけネタが無くなったので
なんとなく始めた歴史ネタですが
なんとなくでは収まりそうも
なくなりました。

投稿: せいパパ | 2008年8月18日 (月) 20時24分

happy01ゆっき~さんへ
そうですね史跡を見学しても
何も語ってくれないので
訳が分からないですよね~。
歴史を少し理解しただけで
楽しい史跡めぐりが出来ますよ!

投稿: せいパパ | 2008年8月18日 (月) 20時26分

新たに文献や遺跡が発見されれば、
また違う説が生まれたりしますよね。
それによって今までの有力説が覆されたり・・・
そこが歴史の難しいところであり、
面白いところな気がします。
教科書の内容も、少しずつ変わってるらしいですね~

投稿: てまき | 2008年8月18日 (月) 21時25分

happy01てまきさんへ
そうなんですよね
私が学んだ歴史と
現在の歴史とでは
違う所が沢山あって
確認作業をしていると
全然違うと言う事も
ありました。

投稿: せいパパ | 2008年8月18日 (月) 22時00分

モノを作ることを覚え、定住することを覚え‥

原始の時代から、人間として知識を得るようになると
お互いの力関係も徐々に差がついてくるんでしょうね。
「欲」って本能ですよね。

投稿: maekumi | 2008年8月18日 (月) 23時32分

吉野ヶ里遺跡、近すぎて1度も行ったことがありません。
一眠りして、しっかり読みます。応援★

投稿: ブルー・ブルー | 2008年8月19日 (火) 01時09分

吉野ヶ里遺跡、何度も行ったことがあります。
復元された当時の住居や望楼、素晴らしいです。
弥生時代、貧富の差が出始めたということは、現代に続く第一歩だったのかも。
河島英五さんの、酒と涙と男と女、名曲ですね。

投稿: 桃源児 | 2008年8月19日 (火) 05時14分

邪馬台国とか神秘的でワクワクします。
未だに謎だらけなんですね。

ひたちなか市も中根に遺跡があるんですね。

すごい情報です。

投稿: 水戸大家 | 2008年8月19日 (火) 14時52分

その当時の人間は、どんな争い方をしていたのでしょうね。
傷ついたあとがなくなったというのもすごい発見だと思います。
文明が人間を変えていったのでしょうね。

投稿: たくたくろ | 2008年8月19日 (火) 17時42分

弥生式土器。
昔教科書で勉強しましたが、そういう時代だったんですね。
勉強になりました。
河島英吾のこの曲も、実に名曲ですね。
ポチ!

投稿: 山口ジジイ | 2008年8月19日 (火) 17時53分

今日は更新前のようなので
ぽちっと応援して
帰りま~す ぽち

投稿: ゆっき~ | 2008年8月19日 (火) 18時16分

お疲れ様!!^^k
今日の応援ぽちにて!!^^k

投稿: Kensuke^^k | 2008年8月19日 (火) 18時40分

happy01 maekumiさんへ
「欲」ですね
全て欲の為に
生活が向上して行ったのでしょうね。
緩やかですが着実に
発展して行った時代ですね。

投稿: せいパパ | 2008年8月19日 (火) 20時51分

happy01ブルー・ブルーさんへ
近すぎるなんて
羨ましいですな~。
次の時代から少しづつ
難しくなって来ますが
お出かけ日記も
更新する予定です。

投稿: せいパパ | 2008年8月19日 (火) 20時55分

happy01桃源児さんへ
私も吉野ヶ里遺跡を
この目で見たみたいです。
かなり良い復元状態なんですね!
河島英五さんのこの曲は
名曲ですなでも
この曲しか知らなかったりしますが・・・。

投稿: せいパパ | 2008年8月19日 (火) 20時58分

happy01水戸大家さんへ
邪馬台国は未だに
謎ばかりで想像でしか
話が出来ない所に
ロマンを感じますね~。
ひたちなか市には
沢山の史跡が
あってこれから私も
散策したいエリアの
一つなんですよ!

投稿: せいパパ | 2008年8月19日 (火) 21時00分

happy01たくたくろ さんへ
文明が人間を変えていったのですが
紆余曲折を経て
現在に至っています
これから歴史が
大きく動き始めます
時代時代の人間が
どう選択したかが面白いです!

投稿: せいパパ | 2008年8月19日 (火) 21時03分

happy01山口ジジイさんへ
訪問&コメントありがとうございます。
茨城の歴史シリーズは
全然詳しくなくて
大雑把に紹介しているだけなのですが
楽しんで頂き感謝しています。
マニアックなブログですが
これからも遊びに来て下さい。

投稿: せいパパ | 2008年8月19日 (火) 21時05分

happy01
ゆっきさん
Kensuke^^Kさん へ
いつも応援ありがとうございます
皆さんのおかげで
更新に励みが出ます。

投稿: せいパパ | 2008年8月19日 (火) 21時07分

邪馬台国にロマンを感じます。

もう少し分かってくるといいですね。
卑弥呼どんな人物だったのでしょうか?
凄く興味があります。

茨城も歴史が古いのでせいパパさんのブログで勉強します。
個人的には室町時代以降が好きです。

投稿: 920_375 | 2008年8月20日 (水) 07時54分

happy01920_375さんへ
邪馬台国の謎が解けるのは
いつになるのでしょうね?
わかったら大発見ですよね!
室町時代以降は沢山
ドラマになったりしてるので
私も一番興味がある時代ですね。

投稿: せいパパ | 2008年8月20日 (水) 08時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 縄文時代 | トップページ | 古墳時代 »