« 飛鳥時代 | トップページ | お出かけ記事も更新します »

奈良時代

せいパパですhappy01

文章中の青い文字は関連HPへリンクしてます。

奈良出身の堂本剛が

奈良を紹介しています。

今回も結構長いです

興味がある方は頑張って見てね!

奈良時代からは

細かく説明したら

読むのが嫌になってくるので

簡単に説明するので

歴史好きな方には全然物足りないですが

や~といきます。

710年に平城京に都が移り

大宝律令の下

天皇中心の中央集権統治国家が

成立して国名も倭国から日本に変わり

新たな時代を向かえたのが

奈良時代です。

約70~80年あまりの

短い奈良時代でしたが

皇族や貴族出身の官僚が

国家としての基礎を築き上げ

陰謀が沢山あった反面

大陸文化をパクリにパクリまくり

素晴らしい文化が花開いた時代です。

多くの文学も誕生しました。

奈良時代

首都平城京の説明です。

奈良時代の日本の首都です。

東西4.3km、南北4.8kmで

碁盤の目に整備された街に10万人規模の

人口がいました。

正式には「へいぜいきょう」と読みます

奈良の都として有名ですね。

長安の都をパクッて作られた

広大な街ですが近年は

日本独自の設計ではないかと考えられています。

平城京の動画です。

奈良時代は

710年~794年に平安京に都を

移すまでの84年間

後半に首都が長岡京に移りますが

奈良時代として区分しています。

奈良時代で注目したいのは

●天平文化

●贅と税

●天皇と政治

●領土の拡大

この4つの項目を中心にします。

年号とか人物はなるべく控えますね。

●天平文化

奈良時代に広まった仏教文化です。

全国の国府に国分寺国分尼寺を建てると言う

大事業を行いました。

それぞれの国府には七重の塔を建設しました。

総本国分寺は「奈良の大仏」で有名な東大寺

総本国分尼寺は法華寺とされた。

奈良の大仏は鎮護国家の象徴として

建立しました。

東大寺の動画です。

文学

全国に「風土記」の作成を命じた。

万葉集

古事記

日本書紀

などの歴史的書物や文学が

奈良時代に完成しました。

●贅と税

遣唐使によって

大陸の服飾品や食材が

大量に手に入ったおかげで

皇族や貴族を中心に贅が尽くされました。

皇族や貴族は

それはもう贅沢の限りでした

高級な服をまとって

庶民は逆立ちしても

食べられない物を食べて

器なんて叩いたら

キーンと音が鳴り響く物なんかも

ありましたからね~。

住宅も庭付き1戸建てで

池には鯉なんかが泳いで

ホーレホーレと餌をあげて

庭付き1戸建ての

その庭でマリを

蹴飛ばして遊んでいたんでしょうね!

大宝律令によって

庶民は法の下に苦しみました。

上流階級とは生きた時代が

違うんじゃ無いかと

思うほどに質素な生活です

きっとその日ぐらしだったんでしょうね!

そんな庶民から税金を

むしりとる為に

戸籍が整備され

(飛鳥時代に天智天皇が日本最古の戸籍を作った)

税金 「租・庸・調」

兵役の負担

労働の義務なんかを

課せちゃって大変ですわ!

庶民の衣服は

肌触りの荒い麻の服を着て

土器の茶碗で

米と味噌汁、塩を食べていました

住居も竪穴式住居が多かった

皇族や貴族に比べると

非常に質素な生活スタイルです。

●天皇

天皇中心の律令国家

言っていますが

そもそも天皇とは何でしょう?

初代天皇

日本書紀、古事記に出て来る

神話の世界の天皇「神武天皇」です。

2月11日に天皇に即位したと

言われているので

日本の建国記念日になっています。

実在が確認されている天皇は

古墳時代の記事に登場した

継体天皇(けいたいてんのう)以降です。

天皇とは

初代天皇、神武天皇の字にある様に

始めは神として神話に記されていた人物ですが

第26代継体天皇からは実在した天皇です。

継体天皇は混乱するヤマト王権を

治め強固なヤマト王権を再興しました

この国家以前のヤマト王権の

大王が後に天皇と呼ばれています

よって天皇とは古代王朝の王様の事を指します。

古代国家以降の政治に

天皇が影響力を持った時代は少ないですが

天皇は権力の象徴として

いつの時代も政府とは別に

権力の為に利用されてきました。

征夷大将軍も任命には天皇の

許可が必要だったのです。

天皇を味方につけると言う事は

絶大なる権力を手にする事を

許されると言う事です。

奈良時代の律令国家は

権力を備えた絶大なる国家だと言う事ですね。

天武天皇

飛鳥時代に即位した第40代天皇

天皇という称号を始めて

使ったので

天武天皇が事実上の初代天皇と

言われています。

天武天皇の力は強大で

奈良時代の天皇は

天武天皇系から出ましたが

奈良時代末期には後継者が途絶え

天智天皇系に移り

天武天皇系は全て途絶えて歴史から

消えてしまいました。

奈良時代最後の天皇

桓武天皇

強い影響力を持った天皇で

長岡京から平安京に都を移し

平安時代が始まりました。

政治

奈良時代の初代天皇は

第43代、元明天皇で女帝です。

天皇中心の律令国家を目指して

奈良時代が幕を開けたのですが

初代天皇が女帝だった為に

政治を動かしていたのは

大化の改新でクーデターを起こした

中臣の鎌足(藤原鎌足)の次男

藤原不比等(ふじわら の ふひと)です。

その後は天皇家・藤原家と仲良く順番に

入れ替わり立ち代り政権を担ったのですが

お互いの間に思惑やら策略やらがあって

グッチャグッチャでした。

実際は藤原家が政治を

動かしていたと言っても良いほどです。

大宝律令も作ったけど

色んな法案を作っては

やり直したり今までとは

全く反対の法律を作ったりと

紆余曲折した時代です。

暗殺や陰謀も数知れず

庶民は苦しみ上流階級は

政権争いに忙しい時代でした。

奈良時代末期には律令政治が

乱れたまま平安時代に移って行きます。

●領土の拡大

隣の国「唐」が強大すぎて

遣唐使を使いに出して

日本は友好関係を結んでいましたが

朝鮮半島に新羅(しらぎ)王朝が

誕生してから話が一変

新羅を弱小国家と日本は勝手に思っていたが

これが結構強い国で

日本は困惑・・・。

より強い国家を作らないと

いつ唐にやられるか不安だし

すぐ隣の新羅はウザイ!

日本は領土の拡大に力を入れました

この時代は北東北や九州南部

琉球は日本では無かったので

当然攻めて行きました

その為に庶民は戦場の最前線に

送り出されるは

九州の大宰府は大陸へ攻める為の

最前線基地になって

領土を拡大していきました

その頃に北東北を攻める為の

征夷大将軍と言うのが

活躍して有名になりました。

奈良時代を年号や人物を最小限に

しながら紹介しましたが

歴史に興味が無い方は????ですよね!

こんな感じで新しい国家を作ったのは

良いけどヨチヨチ歩きで

律令国家として最盛期を

迎えるのは平安時代に入ってからですが

最後は失敗に終わります!

新しいプロジェクトや会社などを

まとめる場合のヒントが

奈良時代には沢山詰まっていると

思いますので興味がある方は

調べると楽しいですよ!

茨城県の奈良時代

天平文化

723年 常陸風土記が完成

741年 石岡の国府に国分寺・国分尼寺を建立

奈良時代の農民は調庸の民と呼ばれ

重い税金に苦しめられ

兵役の負担も大きく

万葉集にも防人の歌が乗せられて居ます。

鹿の子遺跡(石岡市)

常磐道の建設で見つかった

官営工房跡です。

鹿の子C遺跡からは

漆紙文書が見つかり

奈良時代から平安時代初期の

戸籍・計帳・出拳帳・田籍関係文書などが

見つかり律令制化の地方行政・支配の実態が

わかる非常に珍しい文書で県の文化財に

指定されています。

台渡里廃寺跡(だいわたりはいじあと)水戸市

水戸市渡里町の長者山城跡は

水戸城の北を守っていましたが

この辺り一体は奈良時代から平安時代に

徳輪寺(台渡里廃寺跡)が存在していました。

平安時代に寺は焼失して

水戸地域の中心は渡里から

吉田に移っていきました。

奈良時代は大宝律令によって

新しい国家を造ろうとしましたが

政治が乱れるだけで

答えが見つからず終焉を迎えた時代です。

律令に、ほんろうされた短い奈良時代

民衆無き政治を築きあげてしまったが

その中に今でも十分ヒントになる

史実が沢山埋もれています。

政治とは何なのでしょう?

にほんブログ村 地域生活ブログ 茨城情報へ FC2 Blog Ranking

   ↑        ↑

いつも応援ありがとうございます。

今日の1曲はこれです!

|

« 飛鳥時代 | トップページ | お出かけ記事も更新します »

茨城県の歴史」カテゴリの記事

コメント

神話の世界の天皇が、人になったのは何故?
誰が決めたの?
これは、学生の頃の私の疑問でした。
今、疑問なのは遣唐使。
とんでもない船でよく生きて帰ってこれたなぁと。
近頃読んだ、徳川の時代でも船を作るのに外国の船を真似ても沈むような船しか作れなかったのに。
すみません。おばかなコメントで。
応援2☆

投稿: ブルー・ブルー | 2008年8月22日 (金) 00時38分

継体天皇、今の福井県出身ですね。
実はこの時、王朝の交替があったのではないかとも言われていますね。

投稿: 桃源児 | 2008年8月22日 (金) 00時39分

happy01ブルー・ブルーさんへ
いやいや
どれも正解です!
天皇とは後から付けた称号なので
歴代の王さまの事を
天皇と位置付けて
権力の象徴にして
貴族などが権力を手に入れる為に
利用したと言っても良いでしょうね!

遣唐使も結構沈没したと
私は聞いていますよ。

投稿: せいパパ | 2008年8月22日 (金) 01時50分

happy01 桃源児さんへ
そうなんですか!
確かに継体天皇が
ヤマト王権の大王になってからは
政治や物の考え方が
ガラッと変わりましたからね
ありえない話ではなさそうですね!

投稿: せいパパ | 2008年8月22日 (金) 01時52分

鳴くよウグイス平安京。
これは確かに覚えています。
しかし、なんと・・・、その後がまったく出てきません。
みなさん一体どういう風に覚えたのでしょう?
その他に知っているのは、
いい国作ろう・・・、くらいのものです。(恥

投稿: たくたくろ | 2008年8月22日 (金) 02時47分

happy01たくたくろ さんへ
私も同レベルです!
良い国造ろう鎌倉幕府しか
覚えていませんでした
これは事実です!

歴史は好きでしたが
年号なんてさっぱり理解していませんでしたよ。
長い間独学で勉強をして
身に付けていきました
何てったって学校で習う歴史は
意味がさっぱり分かりませんでした
テストの為に覚えるだけで
高得点がとれる唯一な教科が
歴史だったので覚えただけで
後は全て忘れていましたからね~

受験の為の勉強なんて
何の役にも立たないですよね。
馬鹿みたいです!

投稿: せいパパ | 2008年8月22日 (金) 07時21分

なんと きれいな 平城京 
だったと思いますね。

天皇が直接統治していた時代なんですね。
なんか、変な感想ですが、昔なんだなあと思いますね。

投稿: 山口ジジイ | 2008年8月22日 (金) 07時23分

歴史シリーズおもしろいですね~

&すごい情報量で素晴らしいです。

各地に国分寺の地名があるのは、この時代の影響なんでしょうね。

水戸の中心が渡里だったっていうのがビックリです。

投稿: 水戸大家 | 2008年8月22日 (金) 11時53分

>簡単に説明するので
って全然簡単じゃないですって!
おもいっきり詳しく説明してますって!

投稿: ミナト | 2008年8月22日 (金) 15時33分

こんにちは!
貧富の差に目を向けると、ヒドイ時代に感じられますが…
各地に建てられた国分寺などは、当時各地で蔓延した疫病などを鎮めるという名目で建てられたんですよね。
もちろん、その建立の裏には疫病の蔓延で荒れた地方での反乱の抑制などの目的があったんでしょうが…。
本当に手探り状態だったんでしょうね。
やっぱり、面白いです!

投稿: あい | 2008年8月22日 (金) 16時21分

あんなに昔は暗記したはずなのに
さっぱり忘れてしまってますね・・・。
娘が受験生なので、読ませたいくらいでしたよ。
調べるの、かなり大変だったんじゃないですか?
お疲れ様でした♪

投稿: まほろば | 2008年8月22日 (金) 17時37分

happy01山口ジジイさんへ
考えてみれば
奈良の都も遠い昔に
繁栄した街なんですよね
私は奈良に1度も行った事が
無いので興味が
あります。

投稿: せいパパ | 2008年8月22日 (金) 19時57分

happy01水戸大家さんへ
私も渡里が
水戸の中心だったとは
ビックリでした!
分からないものですね~。
歴史シリーズ楽しんで頂き
ありがたいです。

投稿: せいパパ | 2008年8月22日 (金) 19時59分

happy01ミナトさんへ
そうですか!
これでも言いたい事の
三分の一くらいなんですよ。
あまり詳しくすると
帰って意味が通じなくなってしまうと
思い簡単にしましたが
結構詳しいですか。

投稿: せいパパ | 2008年8月22日 (金) 20時01分

happy01あいさんへ
国家鎮護を願って
建立されたのが
国分寺と国分尼寺ですね。
全国66の国と2島に
この寺を同時に建立すると言うのは
国をあげての大事業でした
庶民の信頼無くして
建立は達成できなかったので
反対する地方が出ないように
中央は慎重に建設を
進めていったんですよ。

投稿: せいパパ | 2008年8月22日 (金) 20時08分

happy01まほろば さんへ
そうですね
調べると言うか
下書きを書いた時は
アップする文章の5倍は
ありますが
それをそぎ落とす作業が
大変です・・・。
下書きも3~5日程
時間をようしています。
ばれちゃいましたね~。

投稿: せいパパ | 2008年8月22日 (金) 20時10分

もうすぐ僕もブログで
飛鳥時代の姿を現在に伝える
世界最古の木造建築物を
見に行ったのでUPしますが
それにしても歴史
詳しいんですね!

応援ぽちです!^^k

投稿: Kensuke^^k | 2008年8月22日 (金) 22時12分

こんばんは~

今日はそちら方面
地震があったのでは?
大丈夫ですか~? ぽち

投稿: ゆっき~ | 2008年8月22日 (金) 22時13分

せいパパさん 

 地震は大丈夫でしたか??
 茨城とあって気になりましたよ~
 いつの時代も 貧困から 革命は
 おこるものですね 歴史は繰り返す・・・
 奈良には 魅力的な史跡が多いですよ

投稿: まさ | 2008年8月22日 (金) 23時01分

奈良時代も奈良も勉強になりました。
そういえば昔、「ナイレー(710)奈良に平城京」って歴史を覚えたっけ。
私たちの人生なんて長い歴史からみたらほんの一瞬なんですね。

投稿: マコト | 2008年8月22日 (金) 23時05分

今日は更新前のようなので
応援して帰りま~す

ぽち

投稿: ゆっき~ | 2008年8月23日 (土) 05時28分

happy01 Kensuke^^kさんへ
世界最古の木造建築の
記事楽しみにしていますね。
昨日は見にいけなかったので
今日遊びに行きます。

投稿: せいパパ | 2008年8月23日 (土) 09時05分

happy01ゆっき~さんへ
最近は地震が多いですが
全く大丈夫でしたよ
ご心配ありがとうございました!

投稿: せいパパ | 2008年8月23日 (土) 09時06分

happy01まささんへ
茨城の地震は大丈夫でした
本当に最近は地震が多いです!
奈良には行った事が無いので
この目で色んな所を
散策したいですね。
いつの時代も平民から
成り上がってきた方が
頂点を極めますね!

投稿: せいパパ | 2008年8月23日 (土) 10時09分

happy01マコトさんへ
私は歴史の年号を
殆ど覚えてないんですよ・・・。
何があったかは理解しているのですが
どうしても数字になると・・・。
奈良をこうして記事にすると
今まで以上に興味が出てきました
いつか行って見たいです!

投稿: せいパパ | 2008年8月23日 (土) 10時11分

happy01ゆっき~さんへ
いつも応援心から
感謝しています。
次の時代の記事が
まだ完成してないんです・・・。

投稿: せいパパ | 2008年8月23日 (土) 10時12分

またまたご無沙汰しました(^^;)
わたしももうこのあたりからひたすら暗記の歴史に突入です。
国分寺って各地に建てられたものなのですね。それすらも忘れているおバカです。
ほんの一部の人たちが権力握って庶民の人たちは食べるのに精いっぱいのその日暮らし…
いつの世も構図はあんまり変わらないような…


投稿: AITAKE | 2008年8月23日 (土) 12時06分

happy01 AITAKEさんへ
時代が変わっても
やってる事はいつも
同じなんですよね
きっと政治家になる人は
性格が同じなんだと思います!

投稿: せいパパ | 2008年8月23日 (土) 15時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 飛鳥時代 | トップページ | お出かけ記事も更新します »