« 屏風ヶ浦 | トップページ | 銚子大橋 »

海鹿島から犬吠埼

せいパパですhappy01

銚子の市街地を抜けて

犬吠埼へ抜ける道を進むと

一気に視界が開けて

目の前に、こんな海岸線が

広がります。

ここは海鹿島(あしかじま)と呼ばれる海岸で

明治時代までは

アシカやトドが2~300匹も

生息していましたが

海流の変化により今では

その姿を見る事は出来ませんが

海の波間に見え隠れする岩が

何処となくアシカに似ています。

この辺りは文人の歌碑も多く

昔から別荘などがありました。

茨城に、ゆかりのある人物では

小川芋銭がこの地を大そう気に入っていたそうです

その他の文人では竹久夢二

海鹿島を愛した一人です。

竹久夢二の「宵待草」のモデルの女性

長谷川カタに出会い

その後の叶わぬ恋心を綴った「宵待草」

誕生しましたそうです

しかも竹久夢二は

銚子の海岸に群生する「マツヨイグサ」

間違って宵待草と付けたそうですが

間違った名称で今でも「宵待草」で

親しまれています。

その他にも

銚子出身の文豪

国木田独歩の句碑

銚子電鉄海鹿島駅の近くにあります。

この海鹿島駅は関東地方では

最東端の駅です。微妙ですが・・・。

海鹿島を過ぎると

弓ヶ浜の先に犬吠埼が

姿を現しますが、いつ来ても

その景色には遜色が無いです。

犬吠埼灯台

世界の灯台100選

日本の灯台50選

全国に6個しかない第1等レンズ等

輝かしい灯台です。

レンガ作りの灯台としては国内最古

(日本製レンガを始めて使用した為2重構造で

120年経った今でも風雨に耐えています)

最大灯塔高も尻屋埼灯台に次ぐ

31.3mで国内第2位。

日本ではトップクラスの

歴史的に価値のある建造物です。

今年2008年の3月31日に100年間

続いた霧笛舎が姿を消しました。

今回は犬吠埼には立ち寄らなかったですが

犬吠埼灯台は見学が出来

周辺は遊歩道が整備されて

散策できますが立ち入り禁止の

区域が多くなってきて以前の様に

散策は出来ないです・・・。

大きな地図で見る

にほんブログ村 地域生活ブログ 茨城情報へ FC2 Blog Ranking

   ↑        ↑

いつも応援ありがとうございます。

今日の1曲は→これ!

|

« 屏風ヶ浦 | トップページ | 銚子大橋 »

銚子市」カテゴリの記事

コメント

アシカやトドが2~300匹いたって
凄いですね。
あとせいパパさん
なにげに灯台好きですよね?

投稿: ミナト | 2008年5月13日 (火) 16時42分

happy01ミナトさんへ
ハイ!
どんなに小さくても
灯台がある風景は
大好きですよ~。
好みが理解されて来たと言うか
ミナトさんとは長い付き合いなので
好みも分かってもらえるように
なった気がしました。

投稿: せいパパ | 2008年5月13日 (火) 18時09分

こんばんは、私のブログ不通に心配頂きありがとうございます。
現在、どうにか繋がるようになりました。
銚子へは1度だけ行ったことがありますが、今年の夏頃に、また行きたいと思っていましたので、参考になります。

投稿: たかさん | 2008年5月13日 (火) 18時51分

「宵待草」は実は間違いだったんですか?
竹久夢二にまつわる話や国木田独歩が銚子出身だという事など興味深く読みました。

灯台のある風景は、郷愁があり大好きです。

益々銚子に行ってみたくなりました。

投稿: 920ー375 | 2008年5月13日 (火) 21時46分

宵待草が間違って広まったって初めて知りました。
でもこっちの方が雰囲気ありますよね。
灯台を見ると、おーいらみーさきのーって
頭の中でつい歌ってしまいます。
古い‥coldsweats01

ラ・ムーって全く覚えはないけど、
菊池桃子ですよね?

投稿: maekumi | 2008年5月13日 (火) 23時19分

happy01たかさんへ
ネット環境が復帰して良かったです。
銚子は結構遠いから
なかなか行く機会が無いですよね
行かれる時の参考になれば
うれしいです!

投稿: せいパパ | 2008年5月13日 (火) 23時22分

happy01 920ー375さんへ
銚子も犬吠埼が有名なので
他の事がぼやけてしまっていますが
沢山の文学碑があったり
醤油工場があったり
見どころは沢山ありますので
見飽きる事は無いですよ。

投稿: せいパパ | 2008年5月13日 (火) 23時25分

happy01 maekumiさんへ
残念ながら
歌は分からなかったです・・・。
でも灯台を見ると
何故だか癒されますね
青い空に白い灯台
緑の大地に澄んだ海
いいですよね~。

ラ・ムーは菊池桃子が
ボーカルを務めていたバンドです
シングルを2枚程度出して
活動停止したので
記憶にないかも知れませんでしたね
私は好きだったけど
マニアックでしたね・・・。

投稿: せいパパ | 2008年5月13日 (火) 23時29分

おはようございます。
宵待草と待宵草が、同じ花だとは知っていましたが、そういう経緯があったんですね。
歌は覚えていませんが、ラ・ムーというバンド名は覚えていました。
応援ポチポチ

投稿: ブルー・ブルー | 2008年5月14日 (水) 09時18分

happy01ブルー・ブルーさんへ
流石は、お花を沢山育てているので
知っていますね~。
私は調べていて
面白い内容だったので
今回記事にしてみました。

ラ・ムーは一瞬だけ
活動したバンドなので
かなりレアかも知れませんね~。

投稿: せいパパ | 2008年5月14日 (水) 20時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 屏風ヶ浦 | トップページ | 銚子大橋 »