« 前川十二橋めぐり | トップページ | 長崎鼻 »

嫁入り舟

せいパパですhappy01

水雲橋のたもとに

嫁入り舟の像がありました。

最初に嫁入り舟の動画をどうぞ。

昭和30年ごろまで

潮来周辺は水路によって

生活形態がなりたっていて

嫁入の際には嫁入り道具を

サッパ舟に乗せて運搬していました

これが嫁入り舟の始まりとされています。

昭和31年の映画「花嫁募集中」

花村菊枝さんの「潮来花嫁さん」の大ヒットで

全国的に知られるようになりました。

現在では水運交通から交通の中心は陸運へと

変わってしまい嫁入り舟も姿を消しました。

昭和60年の「つくば国際科学博覧会(潮来の日)」の

イベントで嫁入り舟を復活させたのが

きっかけで現在は、あやめまつりの

イベントとして盛り上がる行事になっています。

花村菊枝 潮来花嫁さん

6月のイベント中は

潮来笠よりも

こちらの潮来花嫁さんの曲が多く流れています。

嫁入り舟は

5月下旬の土日~6月の土日の

前川あやめ園 11:00・14:00(一部変更有)行われます。

夜の嫁入り舟

5月31日、6月7、21、28日

前川あやめ園 20:00~

にほんブログ村 地域生活ブログ 茨城情報へ FC2 Blog Ranking

   ↑        ↑

いつも応援ありがとうございます。

今日の1曲は→これ!

|

« 前川十二橋めぐり | トップページ | 長崎鼻 »

潮来市」カテゴリの記事

コメント

ってゆうか
嫁入り舟の像って
見た目怖くないですか?

投稿: ミナト | 2008年5月 9日 (金) 20時58分

happy01ミナトさんへ
怖くはないですが
女性らしさに欠ける
作品に見えますね!

投稿: せいパパ | 2008年5月 9日 (金) 21時23分

潮来花嫁さん、知らない曲だと思っていましたが聞いてみたら知っていました。
なつかしいです。笑
いい曲ですね。

投稿: penpen | 2008年5月 9日 (金) 22時18分

舟というのはゆっくり動くので情緒がありますね。
私には嫁入り舟の像がとても悲しげに見えるのですが・・・。
その昔、お嫁入りは親と別れる悲しい出来事でもあったのです。
好きあって結ばれることの少ない時代がありましたものね。

投稿: マコト | 2008年5月 9日 (金) 23時49分

こんばんは。
潮来花嫁さんと、潮来笠、潮来の歌がこれで2つもあると判りました。
潮来花嫁さんも、最初は忘れていたけど、聞いたら最初の方は知っていました。
応援ぽちぽち

投稿: ブルー・ブルー | 2008年5月10日 (土) 00時27分

happy01 penpenさんへ
私は潮来の美容室で
働いていた頃は
普通に慣れ親しんだ曲だったので
ヒット曲だったとは逆に知らなかったです。

投稿: せいパパ | 2008年5月10日 (土) 12時01分

happy01マコトさんへ
そう言われれば悲しい表情をしていますね・・・。
昔は今のような恋愛なんて
出来なかったのでしょうね。

投稿: せいパパ | 2008年5月10日 (土) 13時22分

happy01ブルー・ブルーさんへ
潮来の代表曲ですね~
あやめまつりの時は
飽きるほど園内にかかっています・・・。

投稿: せいパパ | 2008年5月10日 (土) 14時17分

他の方のコメントを読ませていただいて、
確かに嫁入りとは今とは異なり、親元を離れて逢えなくなったり、恋愛とは違い、会ったことのない人の下に嫁ぐという意味だったんですね。

単に、「嫁入り船」復活と聞いて
イイなぁ~(私は昔の建物等が好きなので、遺していこうとすることが好きなのです)と思ってしまいました。

いろいろ感慨深い名所なんですね。

投稿: よーこ | 2008年5月10日 (土) 14時52分

「潮来花嫁さん」懐かしいです。
アヤメの時期に潮来に行ってみたいです。今年いけるといいなぁ~と思います。

船でお嫁入りなんて情緒があっていいなぁ~。

そういえば「夜汽車に乗って嫁いでいく」というフォークソングもあったんですよ。
時代が違うから 知らないでしょうねぇ~。

投稿: 920_375 | 2008年5月10日 (土) 16時42分

happy01よーこさんへ
昔と現代は考え方が違うようですね
そんな事を思ったり想像して
昔の建物を見たらもっと
楽しそうですね~。

投稿: せいパパ | 2008年5月10日 (土) 19時32分

happy01920_375さんへ
6月は1年で一番潮来が
賑わって輝く時ですよ~
良かったらチョット出かけて見て下さい
週末は多くの人手で賑わうけど
イベントを沢山行っているので
楽しいですよ!

投稿: せいパパ | 2008年5月10日 (土) 19時35分

「潮来花嫁さん」は最初の部分だけは知ってました。
曲だけ聴くと悲しいけど、歌詞はそうでもないんですね。
昔は舟で色んな覚悟をきめていたんでしょうね。

投稿: maekumi | 2008年5月11日 (日) 00時29分

happy01 maekumiさんへ
潮来では独自な文化が
花開いてたようで花嫁さんも
舟に乗って新しい人生の
航海に出て行ったのでしょうね。

投稿: せいパパ | 2008年5月11日 (日) 05時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 前川十二橋めぐり | トップページ | 長崎鼻 »