« 幕末と明治の博物館 | トップページ | 山寺晩鐘 »

佐竹寺

せいパパですhappy01

常陸太田市の佐竹寺です。

今回はイトコの

いっくんと一緒にお出かけです。

仁王門の前で記念撮影。

佐竹寺

真言宗豊山派の寺で

坂東三十三観音霊場の二十二番札所です。

本堂は国指定重要文化財

985年元密上人が創建したといわれています。

1543年に焼失しましたが

1546年佐竹氏18代佐竹義昭が佐竹城の

鬼門除けとして現在の場所に再建しました。

佐竹氏が秋田へ国替えになり衰退し

江戸時代に坂東三十三観音霊場として

賑わったが明治に入り荒廃

昭和24年まで無住の寺でした。

佐竹氏

混沌とした常陸国を統一した戦国武将一族

最も有名なのは

代19代当主佐竹義宣でしょう。

石田光成と親交があり

関ヶ原の合戦では関東の武将は東軍に付きましたが

義宣は西軍に着き

その反面、徳川家にも関係を持ち

曖昧な態度が徳川家康の反感を買い

出羽久保田18万石へ減封されました。

その際に茨城の美人を引連れて

秋田へ入ったので

茨城県はブスばかりで秋田県は秋田美人と

言われるようになりましたが

歴史とは全く関係ない話です。

佐竹義宣の時代は

常陸国54万石の大大名でした

当時400あまりの大名が居た中で

54万石は第8位でした。

佐竹氏は常陸で470年間秋田で270年間

合計740年間も有力大名の地位を維持し続けました

佐竹氏の様な名家は

その他は薩摩島津氏しかいません。

その為佐竹氏は常陸を去ってからも

殿様と呼ばれ

秋田でも殿様と呼ばれる歴史上まれに見る

両方から慕われた一族でした

そんな市民の目線で統治していたので

740年と言う長きに渡り一族が存続したのでしょう。

佐竹寺の境内は今では

ひっそりとしています。

本堂が珍しく北を向いているので

境内は少し薄暗い感じです。

田舎の寺と言うイメージが強くて

子供の頃に遊んだ寺を思い出す素朴な所です。

子供達も本堂の前で無邪気に

遊んでいました。

仁王門と本堂共に

お札が所狭しと、びっしり貼られていて

不思議な空気漂う空間でした。

大きな地図で見る

にほんブログ村 地域生活ブログ 茨城情報へ FC2 Blog Ranking

   ↑        ↑

いつも応援ありがとうございます。

|

« 幕末と明治の博物館 | トップページ | 山寺晩鐘 »

常陸太田市」カテゴリの記事

コメント

秋田美人ってそっからでしたか!
あと北向きの本堂って
珍しかったんですね!

投稿: ミナト | 2008年4月 8日 (火) 07時09分

はじめまして!歴史に興味がある私にとって、
大変、興味深い記事でした。
佐竹氏が740年もの間、有力大名として地位を維持し続けた、常陸、秋田、両方で慕われている
・・・感心しました。

非常に為になる素敵なブログですね!又、遊びに来させてもらいますね(^▽^)/

投稿: | 2008年4月 8日 (火) 08時24分

最近歴史の記事が多いですね!
勉強になります☆

投稿: てまき | 2008年4月 8日 (火) 13時17分

happy01ミナトさんへ
鹿島神宮も本殿が北を向く
珍しい神社ですよ~。
大体は東向きが多いようです。

秋田美人は有名ですよね!

投稿: せいパパ | 2008年4月 8日 (火) 13時23分

happy01名無しさんへ
訪問&コメントありがとうございます。
佐竹氏は地味な存在の武将だったので
史実は有名ではないですが
有力な大大名だったんです。
歴史が好きなんですね
私も好きなので
これからも歴史がらみの記事を
更新し続けていくので
また遊びに来て下さい!

投稿: せいパパ | 2008年4月 8日 (火) 13時26分

happy01てまきさんへ
最近ブログの方向性が確立してきました。
その為に今までコメントを頂いていた方は
去っていってしまいましたが
自分の好きな事を追求する
ブログつくりと、たまには日記を更新していきます。
初期の頃からコメントを頂いているのは
てまきさん、だけになってしまいましたが
私は来て下さる事が本当に
励みになっています。

投稿: せいパパ | 2008年4月 8日 (火) 13時31分

佐竹氏のことはよく知りませんでした。
隅から隅まで2度3度と読ませていただき勉強になりましたよ。
昔も今も人々から慕われるような政治家が必要ですね。
茨城美人を流行らせましょうよ!
リンクありがとう。
これからもどうぞよろしくね。
応援です!

投稿: マコト | 2008年4月 8日 (火) 13時58分

こんにちは、せいパパさん。
仁王といい、狛犬といい、私が知っている神社とそっくりです。
狛犬は、石製なんですけど・・・
伊倉北八幡宮っていうんですけどね。
応援ポチポチ

投稿: ブルー・ブルー | 2008年4月 8日 (火) 14時23分

せいくんといっくん、とても楽しかったでしょうね♪
秋田美人の由来もなるほど・・・と読みました。
茨城はブスばかり・・・!?@@;
そんなことないでしょうに。。。

投稿: よっしー | 2008年4月 8日 (火) 15時39分

happy01マコトさんへ
何回も読んで頂き
とても嬉しいです!
そうですね~
民衆の為の政治を行う
政治家を日本は望んでいると
強く感じます。
茨城美人良いですね!

投稿: せいパパ | 2008年4月 8日 (火) 16時56分

happy01ブルー・ブルーさんへ
伊倉北八幡宮
いい所何でしょうね。
こう言う素朴な場所は
心が癒され幼い頃に
遊んだ記憶を
思い出させてくれますね。

投稿: せいパパ | 2008年4月 8日 (火) 16時59分

happy01よっしーさんへ
いっくんが実家に帰って
久し振りにあったので
二人は、ず~と楽しんで遊んでいて
夜も遅くまで起きていたようです。
茨城の男性女性は個性があって
私はいいと思います。
周りから見ると
個性が強すぎに写っているのでしょうが・・・。

投稿: せいパパ | 2008年4月 8日 (火) 17時02分

こんばんは、佐竹寺まで足を延ばしたようですね。
私も佐竹寺を見たことがありますが、重厚な茅葺の屋根が印象的で、歴史を感じるお寺ですね。
次は、何処に寄ったのでしょうね?

投稿: たかさん | 2008年4月 8日 (火) 18時57分

伝統のあるお寺ですね。
佐竹氏は長く続いたのですね。
戦国時代を強く生き抜いた一族だと思いました。ポチッ。

投稿: たくたくろ | 2008年4月 8日 (火) 19時54分

happy01たかさんへ
妻の実家のすぐ近くで来るまで3分ほどの
お寺で朝の散歩をかねて訪れました!
味わい深い寺で満足でした。
そのほかは
周辺を散策しましたので
楽しみに待っててください。

投稿: せいパパ | 2008年4月 8日 (火) 20時05分

happy01たくたくろ さんへ
制圧が難しいと言われていた
常陸国を駆け巡った武将だけに
底知れぬ力を持っていたと思います。

武将の中では無名ですが
佐竹氏は素晴らしい一族だったと
思います。

投稿: せいパパ | 2008年4月 8日 (火) 20時08分

佐竹寺由緒あるお寺ですね。

侘び寂びの趣があり仁王門に惹かれます。
十一面観音菩薩を祭ってあるのですね。

鉾田にも十一面観音菩薩を祭ってあるお寺が合ったような気がしますが、これとは関係ないのですか?

投稿: 920_375 | 2008年4月 8日 (火) 21時31分

happy01920_375さんへ
鉾田の十一面観音菩薩は
私は知らないんです・・・。
御質問に答えられなくて
ごめんなさい。

投稿: せいパパ | 2008年4月 8日 (火) 23時52分

せいパパさんは色んな事を幅広く記事になさっていて、
良い意味でこちらの期待を裏切ってくれるので、
見ていて楽しいんです(^^)

それに、こちらこそいつも遊びに来てくださって
本当に励みになってるんですよ!

せいパパさん自身が楽しむ事が一番だと思うので、
これからも好きな事を追求してくださいね☆

投稿: てまき | 2008年4月 9日 (水) 23時40分

happy01てまきさんへ
ただのスポット紹介だと
誰でも書けるので
スポットとは別に関連した記事を
織り交ぜています。
やりたい事を追求する
ブログ作りをしていきますね~。

投稿: せいパパ | 2008年4月 9日 (水) 23時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 幕末と明治の博物館 | トップページ | 山寺晩鐘 »