« 鶴来天神社 | トップページ | 大利根博物館 »

東京食堂

せいパパですhappy01

神栖市の東京食堂です。

ちょっとピントが、ぼけてしまいました。

食堂と名前が付いてるけど

ラーメン屋でした。

店先に限定メニューが書かれていましたが

夜に行ったので暗くて写真では

分かり辛いですね・・・。

多分季節ごとに変わるのでしょう!

店内は真新しい食堂って感じでした。

メニューは単品、セットメニューと

揃っています。

セットメニューの方が

お得だったので

せいパパはBセットの鶏がら塩ラーメンを注文して

妻はAセットのハーフ塩ラーメンを注文しました。

ハーフは豚骨と鶏がらのミックスです。

注文後せい君は雑誌を物色してました。

Aセットの半チャーハンです。

味は薄味でしたが量は少し多めだったかな

妻の選んだラーメンです。

せいパパの選んだラーメンです。

せいパパファミリーはラーメンは塩味です!

味噌と醤油味は殆ど注文しないのです・・・。

どちらにもセットで来た餃子ですが

とてもビックです!!

3個入りですが普通サイズの5個分は

あると思います、餃子は単品メニューもあり

3個で310円、5個で470円だったと思います

食べると肉汁がたっぶりでジューシーな

味わいでした。

この餃子はオススメデス!

せい君勢いよくラーメンを

すすっています!

メニュー全体的に、あっさりしていて

くどくないです。

量も多めで、お腹も大満足でした!

東京食堂

住所   神栖市平泉2135-5
TEL   0299-92-1941
営業時間 11:30~14:30  18:00~22:00
定休日  水曜日


にほんブログ村 地域生活ブログ 茨城情報へ FC2 Blog Ranking

   ↑        ↑

いつも応援ありがとうございます。

|

« 鶴来天神社 | トップページ | 大利根博物館 »

鹿嶋市・神栖市グルメ」カテゴリの記事

コメント

せいぱぱさんのところは、おいしいラーメン屋さんがたくさんあるらしいですね。
そんな中でのお店ですからうまいのでしょうね。
写真を見ただけで伝わってきますよ。
塩味のあっさりしたのが食べたいですね。
ごちそうさま。

投稿: たくたくろ | 2008年4月24日 (木) 02時34分

happy01たくたくろ さんへ
そうですね、神栖は飲食店と歓楽施設が
沢山あるので自然とラーメン店も
多い方ですね。
この店はラーメンも美味しいかったです。

投稿: せいパパ | 2008年4月24日 (木) 08時25分

こんにちは。
やっぱり、とんこつは無いですね。
こっちには、塩ラーメンというのが
ありません。
そして、とんこつしかないので、チャーハンとのセットメニューは、もちろん一種類で「半ちゃんラーメン」となっております。
応援ポチ

投稿: ブルー・ブルー | 2008年4月24日 (木) 10時41分

happy01ブルー・ブルーさんへ
塩ラーメン無いのですか!
選べないのが当たり前だと
変な感じはしないですよね。
やっぱり九州はトンコツですね。

投稿: せいパパ | 2008年4月24日 (木) 16時26分

美味しそうなラーメンの記事と、せい君の豪快なすすり方につい目をひかれて、こちらにもコメントを(^^;)

セットメニューが若干、高いかな?と思いましたが、これも”東京”と名前がついているからかな?

私もラーメンといったら、最近は”塩”ですね!

投稿: 竹千代 | 2008年4月24日 (木) 22時54分

happy01竹千代さんへ
値段以上の満足感でした。
帰ってからも、お腹がいっぱいで
動けませんでした・・・。
竹千代さんも塩ラーメンに
今ははまっているのですか
美味しいですよね!

投稿: せいパパ | 2008年4月24日 (木) 23時30分

確か…。
ここのラーメン屋さんって、
私の同級生のご両親のお店だったような…。
今は、どなたが経営をされているかは、わからないのですが、
子供の頃、同級生が、
『東京じゃあないけれど、「東京食堂」と言うんだよ。』といっていた記憶があります。
懐かしい!
応援ポチッ♪

投稿: nowbest | 2008年4月27日 (日) 00時02分

happy01nowbestさんへ
同級生の家かも知れないのですか?
美味しかったですよ~。
近くにあるのですが
初めて食べにいきました。
東京じゃ無いけど
東京食堂なんですよね~。

投稿: せいパパ | 2008年4月27日 (日) 00時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 鶴来天神社 | トップページ | 大利根博物館 »