« 土浦市立博物館 | トップページ | ペダルカー展 »

亀城公園

せいパパですhappy01

土浦市の亀城公園(きじょうこうえん)

茨城県で1番有名な城跡公園です。

土浦城

別名、亀城(きじょう)と呼ばれていました。

それは、本丸を中心に5重の堀に囲まれた城で、

その姿が亀に似ている為に

呼ばれていた名称です。

土浦城は938~47年に平将門が砦を築いたと

言われる事もありますが

文献では1429~41年に若泉氏が築城したとなってます。

その後、土浦城は多くの城主が入れ替わり

江戸時代に入り松平氏が入城しました。

その後も城主が西尾氏、朽木氏(くっきし)と変わり

1669年に土屋氏が入ると(一時松平氏が藩主になっている)

明治維新まで土屋氏が城を守りました。

土浦城には天守閣が無く

平地に作られた平城で

5重の堀に囲まれた水城でした

その城郭も江戸時代に作られたものです。

土屋氏の時代土浦藩は

9万5千石で常陸国では水戸藩に次いで

2番目の大きな領地を支配しました。

明治時代に入り土浦城は

新治県庁、新治郡役所として利用され

明治31年に土浦城の跡地は

土屋氏から土浦町に寄贈されて

亀城公園として整備されて

昭和27年に櫓門と共に

茨城県指定史跡第1号となりました。

櫓門

1656年に改築されたと伝えられています。

本丸にある櫓門としては

関東地方では唯一残っているものです。

別名、太鼓櫓とも呼ばれています。

東櫓

明治17年の火災で本丸御殿が焼失した時に

損傷し撤去され平成10年に復元。

建て替えた東櫓は

江戸時代の建築様式と現代工法も取り入れた建物。

内部は土浦市立博物館分館となっています。

東櫓入館は105円ですが

土浦市立博物館へ入館(105円)すると

無料で見学できます。

亀城公園内は木が生い茂る為に

視界が悪いが土浦市内は良く見えます。

西櫓

昭和24年のキティ台風被害を受け解体

平成3年に復元しました。

キティ台風って初めて聞いたけど

名前はカワイイですね!

茨城県内の城で現代まで建造物が残っているのは

土浦城だけです。

亀城公園

土浦城の本丸と二の丸の一部が公園として

整備された公園です。

以前来た時は

東西の両櫓が無くて

櫓門と堀しか無い城跡公園でしたが

今回訪れて昔とは随分イメージが変わっていました。

堀には鯉が泳いで良い感じ。

公園の中央は広場になっていて

ハトが沢山集まっていて

せい君は走り回ってハトを追っかけて

楽しさ全開です!

その脇には小さいですが児童公園があり

子供達が沢山遊んでいました。

博物館側は庭園風の公園になっていて

脇にはニホンザルも居ました!何故に!

何処に違いがあるか

せいパパには分かりませんが

せい君は亀城公園を偉く気に入ったらしくて

今まで出かけた公園の中で一番喜んでいました!

お互い迷子になるハプニングもあったけど

帰りの車内では帰るまでご機嫌でした。

土浦城の大部分が市街地化によって

無くなってしまっていますが

公園周辺には土浦城の名残の建造物が

点在してるそうなので

城跡に興味がある方は

市内散策をお勧めします。

城に興味が無くても

公園周辺には古い街並みが

広がっているので歩くだけでも楽しいと思います。

亀城公園には駐車場が無いので

博物館か市内の駐車場を利用して下さい。

大きな地図で見る

にほんブログ村 地域生活ブログ 茨城情報へ FC2 Blog Ranking

   ↑        ↑

いつも応援ありがとうございます。

|

« 土浦市立博物館 | トップページ | ペダルカー展 »

土浦市・かすみがうら市」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
ブログ村のは、ダイエットや本の書評ばかりじゃ、なくなってきているので、「つぶやき」にしちゃいました。

上の記事、読んだんですよ!
よく調べたなぁ・・と感心しながら。
でも、亀という字にミナトさんが、どういうコメントするのかが、気になって(笑)
応援ぽちぽち

投稿: ブルー・ブルー | 2008年4月19日 (土) 00時05分

happy01ブルー・ブルーさんへ
調べるのは簡単でしたが
文章をまとめるのに時間がかかってしまいました・・・。
2日がかりで頭の中で文章を構成した
力作ですが
ミナトさんはスルーしちゃいました・・・。
忙しい人だからね~。
ブログ村 つぶやき にしたんですね~。
お互い、がっつりポイント集めましょうね。

投稿: せいパパ | 2008年4月19日 (土) 09時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 土浦市立博物館 | トップページ | ペダルカー展 »