« 厳島神社 | トップページ | 幕末と明治の博物館 »

大洗美術館

せいパパですhappy01

今では大洗観光の中心は

マリンタワー周辺ですが

大洗磯前神社(おおあらいいそざきじんじゃ)周辺にも

今でも

とっておきスポットが沢山あります。

大洗美術館

その一つです。

神磯鳥居の背後にあり

館内には300号サイズの

窓ガラスに額縁を付けて鳥居を

絵画に見立てています。

それは「風景窓画」と言い一見の価値のある

作品ですよ!

刻一刻と動く絵画を眺めていると

とても癒されます。

この神磯鳥居は海に向かって

建っている為

日のでは最高のようですが

せいパパは、まだ見た事がありません。

もう一つ

せいパパは知りませんでしたが

大洗は詩人、山村暮鳥(やまむらぼちょう)

結核治療のために滞在し

ここ大洗で生涯を閉じた場所だそうです。

その為、山村暮鳥の文学碑も

存在しているようですが

せいパパは、まだ見に行っていません・・・。

周辺は磯が広がっているので

磯遊びには最適です。

大洗美術館

大洗町磯浜町8249

10:00~16:00

029-266-2637

月曜休み

大人 500円

中高生 300円

小人 150円

大きな地図で見る

にほんブログ村 地域生活ブログ 茨城情報へ FC2 Blog Ranking

   ↑        ↑

いつも応援ありがとうございます。

|

« 厳島神社 | トップページ | 幕末と明治の博物館 »

大洗町」カテゴリの記事

コメント

海はいいですよね。
福島県の鹿島の北泉はサーフィンの
名所で去年はサーフィンの世界大会がありました。
ちょっと似ているように思います。
(海岸線は続いているわけですが…笑)

投稿: penpen | 2008年4月 6日 (日) 20時08分

今晩は、せいパパさん。
山村暮鳥といえば詩人でキリスト教の伝道師でもあった人ですね。
昔彼の詩を勉強したことがありますね。
大洗で亡くなったのでしたか。
茨城はホントに見所が満載ですね。
応援!

投稿: マコト | 2008年4月 6日 (日) 20時48分

私も少し前、大洗美術館先日行きました。

コーヒーのサービスがあるんですよね。

「風景窓画」とっても素敵だとおもいました。

投稿: 920_375 | 2008年4月 6日 (日) 21時41分

大洗にこんな美術館があったんですね!
知りませんでした。

偶然にも私も本日大洗に行ってました。
子供たちを連れて、アウトレットとその近くの公園で遊んでました!

投稿: 109対0 | 2008年4月 6日 (日) 23時11分

happy01penpenさんへ
大洗もサーフィンのメッカなので
似ているのかな。
世界大会が開かれるなんて
良い波が来るのでしょうね!

投稿: せいパパ | 2008年4月 6日 (日) 23時51分

happy01マコトさんへ
山村暮鳥は私も初めて知ったのです。
ここにこなかったら
知らない人でした。
茨城を巡って調べて行くと
色んな事が分っていきます
奥が深いです茨城。

投稿: せいパパ | 2008年4月 6日 (日) 23時55分

happy01920_375さんへ
小さいながらも
良い美術館ですね!
コーヒーが出る日と出ない日が
ありますよね。
忘れているのかな~?

投稿: せいパパ | 2008年4月 6日 (日) 23時59分

happy01109対0さんへ
良かったら立ち寄って下さいね~
単純な風景窓画ですが
何故か心が落ち着きます!

投稿: せいパパ | 2008年4月 7日 (月) 00時00分

こんにちは。
こんな砂浜、岩、前にも書きましたが、有明海には、望めません。

この鳥居も、満潮の時は、海の中に立っているように見えるのでしょうか?
応援ぽちぽち

投稿: ブルー・ブルー | 2008年4月 7日 (月) 11時00分

大洗美術館の中にある額縁。
ぜひ見ていたいものです。
ガラスになっているのでしょうね。
素敵な試みだと思いました。応援!

投稿: たくたくろ | 2008年4月 7日 (月) 11時32分

happy01ブルー・ブルーさんへ
そう言えば以前
有明海の事コメント頂きましたね。
鳥居は満潮になっても
海の中に入る事は無いと思いますよ。

有明海がどんな所か
見てみたいです。

投稿: せいパパ | 2008年4月 7日 (月) 12時59分

happy01たくたくろ さんへ
そうなんですよ
大きな窓ガラスに額を付けて
風景を絵画に見立てています。
ありそうで無いこの
斬新さが良いですよ。

投稿: せいパパ | 2008年4月 7日 (月) 13時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 厳島神社 | トップページ | 幕末と明治の博物館 »