« 源氏川 | トップページ | 静峰ふれあい公園 »

静神社

せいパパですhappy01

那珂市の瓜連地区にある

静神社です。

鹿島神宮に次ぐ

常陸二の宮として称される神社。

創建は不明ですが

850年には存在した記述が残っています。

1667年に徳川光圀が本殿、拝殿、神門などを

造営しましたが

1841年に社殿が焼失し多くの社宝を失い

1842年に徳川斉昭により再建されています。

鹿島神宮とも深い関係にあり

鹿島神宮の境内に高房社として

静神社が祀られていて

更に奥宮の建立の時に

静神社の木を使いました。

静神社の静の意味は

静織(しどり)と言う古代の織物を

あらわしています。

その為、静神社の神様は

織物にちなんだ建葉槌命(たけはづちのみこと)を

祀っています。

しどり(静織、倭文←共に、しどり と読みます

常陸風土記には

郡の西十里に静織の里あり。

上古の時、綾を織る機を知る人あらざりき。

時に、この村に初めて織りき。困りて名づく

とあります。

たったこの1文ですが

この地に織物文化が存在した事を記しています。

調べてみると

静織とは古代織の事で

麻、かむら等の繊維を原料とした織物です。

以上の事は常陸風土記を

解釈しているだけで真相はハッキリしていないようです。

静神社

茨城百景にも選定されています。

常陸二の宮と言うわりには

静かな佇まいで鹿島神宮のような

お土産屋などは存在してないです。

駐車場の目の前に鳥居があり

参道を進むが

いきなり階段です・・・。

左右には大木が生い茂っていますが

その中に茨城県内最大の大きさのヒノキがあります。

高さ約30m幹周り7mで市指定天然記念物です。

ヒノキとしては全国第8位にランクされています。

神門まで来ると空気も変わって

いよいよです。

何も調べずに行ったので

文化財が多数あるなんて知る由もなく

この後の説明はグダグダです・・・。

県指定文化財 三十六歌仙絵

国指定文化財 銅印

1841年の火災で焼失した神木の切り株

良く見ないまま見学を終えてしまいました・・・・。

古代織の里、静

古の香りが漂う有所ある神社でした。

静神社HPこちら

古代織のHP、古代織の部屋ゆう→こちら

大きな地図で見る

にほんブログ村 地域生活ブログ 茨城情報へ FC2 Blog Ranking

   ↑        ↑

いつも応援ありがとうございます。

|

« 源氏川 | トップページ | 静峰ふれあい公園 »

お出かけ日記」カテゴリの記事

コメント

こんばんは、せいパパさん。
静織はしずかおりじゃなくてしどりと読むのですね。
やはり色んな神話が伝わっているのでしょうね。
日本は神様の国だと改めて思います。
私、不信心ですけど神話はとっても好きですよ。
応援!

投稿: マコト | 2008年4月11日 (金) 21時21分

「たけはづちのみこと、しどり」すごい絶対読めないような漢字がたくさん!!

茨城はたくさん神社があるんですね!
800年代から存在するなんて、
すごい歴史を感じます。

せい君は、いろんなところに連れてってもらえて幸せですね!

投稿: よーこ | 2008年4月11日 (金) 23時29分

happy01マコトさんへ
神話や昔話などは
その地の昔からの言い伝えを
物語にしている
なぞなぞなので
理解出来た時は得した感じに
なりますね~。
日本は神話が沢山あって
魅力にあふれてますね。

投稿: せいパパ | 2008年4月11日 (金) 23時36分

happy01よーこさんへ
きっと、よーこさんの住む地域にも
沢山、神社仏閣がありますよ。
普段目に入らないので
無いと感じるのでしょう。
神社や歴史的建造物や
古い町並みや新しい町並み
全てに時代が刻み込まれていると
思っているので視線を傾けると
意外な発見があると思いますよ~。

投稿: せいパパ | 2008年4月11日 (金) 23時42分

こんばんは、せいパパさん。
今夜は起きていますぅ!
せい神社、しずか神社?と思って読んでて、最後に静神社HPをみたら、しず神社でいいんですよね。
本当に、このブログが本になったら、それだけで茨城観光できますね。
応援ぽちぽち

投稿: ブルー・ブルー | 2008年4月12日 (土) 00時26分

happy01ブルー・ブルーさんへ
本になったら茨城観光が出来るって
記事リアルですか。
うれしいですね~。
1年後には、もっと成長した記事を
書けるように頑張って行きますね~。

地方の地名や名称は読めない物が
多いですよね。
今後は振り仮名を入れてみます。
良いアドバイスありがとうございます!

投稿: せいパパ | 2008年4月12日 (土) 00時55分

この神社の鳥居は白いですね。
赤いのが一般的ですが、何か理由があるのでしょうか?
古くからあるものだとしたら、何かありそうな予感がします。
考えすぎでしょうか。

投稿: たくたくろ | 2008年4月12日 (土) 02時31分

happy01たくたくろ さんへ
地元の鹿嶋市周辺の鳥居が白か灰色が
多いので白い鳥居が不思議だと
感じませんでした!
それは何かあるのですかね?
調べてみたいです。
ありがとうございました。

投稿: せいパパ | 2008年4月12日 (土) 09時08分

ヒノキ凄いですよね。
でも全国8位って微妙な順位ですが。

ポチっときます。

投稿: ミナト | 2008年4月12日 (土) 11時08分

happy01ミナトさんへ
とても微妙でポチ
ありがとうございます。

投稿: せいパパ | 2008年4月12日 (土) 15時32分

こんばんは!
 いや~、せいパパさんとのつながりを感じてしまいますね~。実は私の住むまちには「倭文神社」があります。もちろん機織りの神様をお祭りしていまして…。
 さて、今度の月曜日に春の祭典が執り行われるようです。ちょっとお休み時間をとれたら出かけてこようかと思っています!!

投稿: oberisuku | 2008年4月12日 (土) 21時31分

happy01 oberisukuさんへ
え~倭文神社があるのですか!
つながりを感じますね~。
時間が取れるといいですね!
こうして繋がりがあると
不思議ですね。

投稿: せいパパ | 2008年4月12日 (土) 22時06分

普通の読み方じゃない漢字ばかりですね!
難しい・・・けど面白い。
私は最初の「瓜連」から分かりませんでした(^^;
何と読むのでしょうか?

投稿: てまき | 2008年4月13日 (日) 09時58分

happy01てまきさんへ
難しい漢字ばかりですね!
瓜連は(うりづら)と読むんですよ。
地名は難しいですね。
でも楽しく読んでくれて
ありがとうございます。

投稿: せいパパ | 2008年4月13日 (日) 16時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 源氏川 | トップページ | 静峰ふれあい公園 »