« 偕楽園の梅まつり | トップページ | 千波公園 »

好文亭

せいパパです。

水戸市の偕楽園は日本三大名園の一つで

1999年隣接する千波公園などと

合わせて偕楽園公園と名称を統一し

市街地にある都市公園としては

ニューヨークのセントラルパークに次いで

世界第2位の総面積を誇る公園です。

日本3大公園では偕楽園だけが

入園料が無料の公園です。

その一角に偕楽園があり

中央部に今回紹介する

好文亭があります。

水戸藩第9代藩主徳川斉昭が

偕楽園内にお茶会等を

行うために建てられました。

1945年の水戸空襲で消失しましたが

1958年に復元されました。

1969年に落雷で再度消失し

1972年に再度復元しました。

好文亭と呼ばれている建物は

平屋建ての奥御殿と

2層3階建ての好文亭の2棟からなっています。

見学の順路は奥御殿から入って行きます

奥御殿は10室あり

梅の間、竹の間、つつじの間と

ふすまに描かれた絵によって

部屋の名前が付けられています。

太鼓廊下と言う渡り廊下で

奥御殿と好文亭はつながっていて

渡り廊下付近の窓は外から見たら

壁にしか見えない作りになっています。

好文亭に入ると視界が開けてきて

廊下を一回りして

上の階に登る階段に来ますが

ここの階段はビックリするほど急です。

この写真は3階から2階を撮影しました。

せいパパは好文亭は2階建てだと感じましたが

2階には確かに踊り場と武者控室がありました!

3階に入り最初の部屋は配膳室になっていて

1階から3階へ食事などを運ぶ

リフトがあり現在のエレベーターの原型と

なっているとありました。

その先は楽寿楼(らくじゅろう)と呼ばれる

広く景色の良い空間が広がっています。

この写真は好文亭の1階です。

ここに建つと千波湖と偕楽園全てが

見渡せて圧巻です。

せいママはここで

20分は景色を眺めていましたが

せいパパはチョロチョロする

せい君を追い掛け回していました・・・。

せいママがあることに気づきました

好文亭の雨戸はどうやって閉めるのだろう?

確かに雨戸を収めている所はありますが

部屋の外に面しているのは

3面ですが両側にだけにしか

雨戸を収めている場所が無いのです。

そこに、たまたま来た警備の方に

聞いてみると

詳しく教えてくれました。

雨戸は端から出してきて

部屋の角まで来たら

外側に大きく雨戸が飛び出るようになっていて

写真の飛び出てる棒をクルクル回すと

90°回って隣の面に移動するようになっているのです。

好文亭の雨戸は全て

この作りになっているそうです。

もう一つ警備員さんが教えてくれました

障子にも仕掛けがあって

一枚だけ引っ張れば

その他の障子が付いてきて

全部閉まる作りになっていました

この仕掛けは楽寿楼だけに

あると言っていました!

古い建物だけど

当時の最新の技術を

集結した建造物の様です。

そう言う説明を受けると

一つ一つに意味がある仕掛けが

ある様に見えてきた

せいパパ夫婦は細かな所まで

見て来れば良かったと感じましたが

これだけでも知ることが出来たので

楽しかったです。

せいママは純和風建築を見た事が

初めてだったので

凄い感動していました!

私もマイホームを建てる時には

こんな開放的な家に住みたいな~と

改めて思いました。

好文亭は有料で

大人 190円

子供(学生) 100円です。

にほんブログ村 地域生活ブログ 茨城情報へ FC2 Blog Ranking

   ↑        ↑

いつも応援ありがとうございます。

|

« 偕楽園の梅まつり | トップページ | 千波公園 »

水戸市」カテゴリの記事

コメント

こんばんわ♪ようこそ水戸へ(笑)下の記事も合わせて読ませていただきました!
20日からの開催だったんですよね(*^_^*)

水戸に住んでいながら、偕楽園や好文亭についてはあまり気にしていなかった!詳しいレポートありがとうございます!

あの好文亭は古いながらもなかなか斬新な”仕掛け”がありますよね!料理運搬用エレベーターがあったり、外には現代のファミレスのような”待合室”が置いてあったり。。。と。最上階からは偕楽園が一望出来るのでつい上ってしまいます(通産5回ほど行ったかな?^^;)

さすがに梅の開花は”満開”まではいっていないようですね。でも早咲きのものが開花していたりして”もう、春が来るんだなぁ。。。”としみじみ感じました。
去年は私も行ったけれど今年もまた行きたくなりました(*^▽^*)

投稿: 竹千代 | 2008年2月22日 (金) 20時14分

happy01竹千代さんへ
好文亭に斬新な技術が投入されていたなんて
今まで数回行ったのに気が付きませんでした。
せいママが不思議に思わなかったら
ず~と知らないままだったかも!
今年も偕楽園に行きたくなりましたか
私のような者の記事で
共感して頂きありがたいです!
私も今回偕楽園のファンになりましたよ~。

投稿: せいパパ | 2008年2月22日 (金) 20時46分

市街地にある公園で
世界第2位って凄いですね。
しかも無料なんですね・・・
いずれ行ってみたいと思います。

投稿: ミナト | 2008年2月22日 (金) 20時52分

詳しいレポートですね!
昔はその存在をあまり気にしていませんでしたが、今は、水戸にこういう公園があることは誇りに思えることだと思います。
あの雨戸!私も「へ~」と感心したものです。

>市街地にある都市公園としては
ニューヨークのセントラルパークに次いで世界第2位の総面積を誇る公園

地元民はこういうこと知らないんですよね。

投稿: グリーンヒル | 2008年2月22日 (金) 20時55分

happy01ミナトさんへ
都市公園としては第2位の広さなんですよ
入園料も無料なので
水戸に来た時には
立ち寄って下さいね!

投稿: せいパパ | 2008年2月22日 (金) 22時11分

happy01グリーンヒルさんへ
以外と地元の事はみんな
興味が薄いです。
私も鹿行地区を歩いて見て
知ってるけど足を運ばずに
知らない所が沢山ありました。
好文亭を改めて歩いてみて
素晴らしさを肌で
感じて来ました!

都市公園で世界第2位と言う事も
茨城県民でも知らない事かも
知れないですね。

投稿: せいパパ | 2008年2月22日 (金) 22時16分

世界2位ですか!?
かなり広い公園なんですね。
写真、まるでパンフレットを見てるかのように
分かりやすく撮ってますね!
こんな景色の良いところなら私もずっと眺めて
いたいです。

投稿: よっしー | 2008年2月23日 (土) 00時19分

happy01よっしーさんへ
市街地にある都市公園では
世界第2位の広さなんですよ。
景色も良くて最高の癒しスポットです!

投稿: せいパパ | 2008年2月23日 (土) 01時26分

こんにちは。
昔の建物は、なぜか階段が急ですよね~。好文亭も、忠実に復元されたのでしょうし。
松本城に行ったときも思いましたし、熊本城も急な階段です。
熊本の水前寺公園も、私自身、小学校の時に行ったきりで、子供たちは知らないです。
中・高生なので、もう着いて来ないでしょう(涙)
応援ポチ

投稿: ブルー・ブルー | 2008年2月23日 (土) 13時20分

昔の建物には、今では考えつかないような仕掛けがあるんですね。
最近の雨戸は、シャッター式が多いようですね。ウチのは違いますけど…(苦笑)
マイホーム絶望的な、NAONでした(爆)

投稿: NAON | 2008年2月23日 (土) 15時02分

happy01ブルー・ブルーさんへ
お城の階段も急なんですか。
お城にも行ってみたいです!
茨城には無いんですよ~・・・。

私も何か買ってもらえる時だけ
親に付いていってました。
親としては寂しいですね!

投稿: せいパパ | 2008年2月23日 (土) 16時27分

happy01 NAONさんへ
私達もマイホーム欲しいですが
いつの事になることやら・・・。
昔の建物には高度な技術が
沢山織り込まれているのには
大変ビックリしました!
こんな風に少しずつ進化して
今の住宅に活かされているのでしょうね!

先日はコメント失礼しました・・・。

投稿: せいパパ | 2008年2月23日 (土) 16時33分

もう梅の季節なんですね~
それにしても偕楽園が世界第2位とはびっくり出す。
好文亭からの眺めもきれいでいいですね!

投稿: ひろろろろ | 2008年2月23日 (土) 19時05分

happy01ひろろろろさんへ
もう少しで茨城にも春がやってきそうですね!
偕楽園公園は何気に世界2位の広さを
誇っているのですよ!

投稿: せいパパ | 2008年2月23日 (土) 19時55分

昔の人って凄いですよね!
まだ技術が発達してない時代に、
こんな凄い建物つくっちゃうんですもんね!!

投稿: てまき | 2008年2月25日 (月) 13時19分

happy01てまきさんへ
私もビックリでした!
ただ古い建物で景色がいい所と言う
認識しかなかったので
驚きでした!

投稿: せいパパ | 2008年2月25日 (月) 19時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 偕楽園の梅まつり | トップページ | 千波公園 »