« 山新グランドステージ水戸 | トップページ | 明石灯台 »

天狗党の墓

せいパパです。

今回から地元鹿嶋周辺の地味な記事に

なりますが読んで下さいね~。

鹿嶋市に天狗党の墓があります。

茨城の方でも天狗党を知らない方が

多いと思いますが

1860年 桜田門外の変 (井伊直弼を襲撃した事件)

1861年 第一次東禅寺事件 (イギリス大使館襲撃事件)

1862年 坂下門外の変 (安藤信正を襲撃した事件)

江戸時代末期に起きた

上記の事件は水戸藩の浪人が中心に

起こした事件です。

天狗党とは水戸藩を中心に

尊王攘夷=天皇を尊び、外国船を打ち払う考え

反幕府の思想のもとに暴徒化した集団です。

天狗党の考えはのちに

長州藩、薩摩藩による明治維新の思想へと

つながって行きます。

天狗党の乱

尊王攘夷を京都にいる一橋慶喜(後の徳川最後の将軍)に

力を借りようと京都へ進撃した事件です。

結局、天狗党の願いも空しく

敦賀の地で夢果てました。

筑波山で兵をあげ失敗に終わった天狗党の乱でした。

歴史上類を見ない大量処刑

天狗党に処罰は大変重い物でした

死罪 352人

島流し 137人

水戸藩渡し 130人

その後明治維新へ時代は進み

水戸藩では天狗党側が

勢力を強めて

幕末の大事な時期に水戸藩では

天狗党側が実権を取り戻し

血生臭い復襲撃を起こし

明治新政府に茨城県は一人の高官を

出す事も無く徳川幕府の滅亡とともに

水戸藩の歴史も幕を閉じて行きました。

そんな天狗党の墓が茨城県には2ヶ所あり

大子町と鹿嶋市です。

下の写真は鹿嶋市の天狗党の墓の説明です。

クリックすると大きくなります。

天狗党、明治維新目前で

時代を変えようとした水戸藩の若者たちが

後世に残そうとした思いは何だったのでしょう?

鹿島の住民も街を焼かれても

天狗党を守りました。

悪いイメージしかない天狗党の乱ですが・・・。

天狗党の乱から100年後

福井県敦賀市と水戸市は姉妹都市になりました

これも天狗党の乱の歴史が結びつけたものです。

鹿嶋市天狗党の墓の地図→こちら

墓の入口は案内看板等は無いです。

今回は最初は長い記事になってましたが

読みづらいと言うか読む気がしないと

妻から言われて短く書き換えました・・・。

にほんブログ村 地域生活ブログ 茨城情報へ FC2 Blog Ranking

   ↑        ↑

いつも応援ありがとうございます。

|

« 山新グランドステージ水戸 | トップページ | 明石灯台 »

鹿嶋市パート2」カテゴリの記事

コメント

まるでフィクションのような史実と
情熱、そして悲劇。
赤字で書かれている部分を読んで
ぐっときました。shine

私、実は仕事でこういうところを回ってるんですよ。
だから、大変興味深く読ませていただきましたっ。good

ぽちっと応援ですっ☆☆

投稿: eritorie@Rainbow Sleeves | 2008年2月28日 (木) 17時37分

先日、新選組隊士であった芹沢鴨の本を読みました。
彼は本来は、天狗党に入りたかったようですね。
かなり過激派の天狗党ですが、時代が時代だっただけに
余計に悪いイメージが浮き彫りになってしまったんですね。

私は、史実の話は大好きです!
たまには、つらつらと長く書くのも
いいのではないでしょうか(笑)

投稿: pizza354 | 2008年2月28日 (木) 19時39分

happy01 eritorie@Rainbow Sleevesさんへ
歴史の中に埋もれた水戸藩の天狗党
明治維新には水戸藩は参加できませんでしたが
基礎が水戸藩で生まれた事だけでも
水戸学の集大成だとこの地にたって
感じました。
仕事で史跡を回れるなんて
良いですね~!

投稿: せいパパ | 2008年2月28日 (木) 20時08分

happy01 pizza354さんへ
この記事も最初は今の4倍ほどの
長い文章でしたが必要最低限まで
省略しました。
メールで妻から連絡が来た時は
ビックリしました!
人と違う事をするとは
どの時代も迫害を受けてしまうのですね
でもどの時代も革命には
心を惹きつける大きな力が
ありますね!

投稿: せいパパ | 2008年2月28日 (木) 20時13分

自分ももちろん
知らなかったんですが
昔の方って凄いですよね!

複雑な気持ちです・・・

投稿: ミナト | 2008年2月28日 (木) 20時42分

happy01ミナトさんへ
昔の人は熱いですね
それだけ時代の流れが現代とは
違っていたのでしょう。
その時が来たら現代の世の中にも
混乱が訪れ救世主や新しい考えを
唱える人が現れると思います!

投稿: せいパパ | 2008年2月28日 (木) 22時34分

どうも!
天狗党の話、私はここ1~2年、興味を持ち始めました。
水戸・ひたちなかの人間にとって、小さい頃から耳にする機会は多くても、本当に興味を持つ人は、どんどん減っていると思います。長くなってしまっても、ブログでいろいろな人が語りついでいく必要があると思っています。
以前、私は茨城町にある毛塚の話を取り上げました。桜田門外の変の前の決起集会みたいなもので、頭髪を切って付近の地面に埋めたとされています。
当然ですが水戸には、水戸学や天狗党にまつわるものが、有名なものから意外に知られてないものまで、たくさんあるので、少しずつ取り上げたいと思っています。
しかし、せいパパさんとはいろんな話ができそうですね!

投稿: グリーンヒル | 2008年2月29日 (金) 09時59分

こんにちは。
歴史好きの娘なら知っていると思う。
でも、「天狗党」って固有名詞は聞いたことがある。
長くても大丈夫ですよ~ちゃんと読みます。書きたいことを全部書けなかったでしょ?
応援ポチポチ

投稿: ブルー・ブルー | 2008年2月29日 (金) 11時30分

ブログは奥様公認なんですね。
私は1年半書いていますが、いまだにナイショにしています(笑)今の部屋は2つ目なのです。
「そんなことやってないで、はやく仕事に就け!!」って怒られそうだし、読まれるのは恥ずかしいからです(爆)
これからも、せい君を中心にご夫婦仲良く、お幸せに☆

投稿: NAON | 2008年2月29日 (金) 12時23分

私、そんなことがあったなんて
全然知りませんでした・・・・
天狗党・・・・・
カッコイイです!!
私からしたら全然悪いイメージなんて
ありません!
でも尊皇攘夷の考えがあり続けていたら
今の日本はなかったかもしれません。

投稿: 美波 | 2008年2月29日 (金) 21時31分

happy01グリーンヒルさんへ
鹿嶋の方では天狗党の話を
聴く機会は無かったと思いますが
茨城県の歴史では重要な出来事でしたので
風化してはならないとグリーンヒルさん
同様に考えています!
水戸には意外な所にも
歴史が隠れていますね
お互い茨城の色んな事を
発信していきましょう。
私もグリーンヒルさんと
話が合いそうですよ!

投稿: せいパパ | 2008年2月29日 (金) 22時10分

happy01ブルー・ブルーさんへ
天狗党は茨城県民でも知らない人が
多いです。
歴史に名前を残してない彼らだからこそ
みんなに知って欲しい歴史ですよ!
いつも記事を書く時には
どうまとめようかな~と考えていますが
天狗党の記事に関しては
1週間くらい考えましたが
詳しく伝えたいと思って書いたのですが
本当今の記事より5倍の長さが
ありました!

投稿: せいパパ | 2008年2月29日 (金) 22時15分

happy01 NAONさんへ
そうなんですよ
妻公認ですよ~。
歴史や地理、教育に関する
記事が殆どでエンターテイメント性が
全く無いブログなので
妻はチェックはしますが
興味はまったくないです・・・。
そんな凸凹夫婦ですが
これからも家族3人幸せに
向かって成長していきますね!
ありがとうございますshine

投稿: せいパパ | 2008年2月29日 (金) 22時19分

happy01美波さんへ
尊皇攘夷の思想も幕末では良い考えで
でしたが明治維新以降
大日本帝国が進んだ道は
統一と言う名の世界支配でした・・・。
歴史を理解すればするほど
正しい事は無いと感じます。

視線や角度を変えれば
どんなやり方も正解で失敗だと
歴史が証明してくれていますね~!

投稿: せいパパ | 2008年2月29日 (金) 22時24分

どもです。
天狗党の話は、名前は知っていたのですが、詳しくは知りませんでした。

2月の前半に敦賀に出張に行った際に、水戸と敦賀は関係があるんだよと上司に教わって、それからいろいろと調べたんですよ!

もっと勉強しなければいけませんね(><)

投稿: いばらの城 | 2008年3月 3日 (月) 01時37分

happy01いばらの城さんへ
どうも!お久し振りです。
敦賀市と水戸市は強い
結びつきがあるのですよね!
私も茨城の歴史に興味を
持ち始めたので
時々触れてみたいです。

投稿: せいパパ | 2008年3月 3日 (月) 17時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 山新グランドステージ水戸 | トップページ | 明石灯台 »