« ガソリン132円でした | トップページ | 稲荷山公園 »

ロバート・メイプルソープ

せいパパです。

ロバート・メイプルソープ

写真家です。

肉体の美を芸術の世界に引き込んだ

名カメラマンです!

エロティックな作品と静物写真

どちらも彼にとっては同じ表現だったのでしょう。

これだけアブノーマルな写真たちは絶賛もされたし

非難もされたそうです。

1970年代彗星のごとく写真界に現れた

その根底に流れているのは「同性愛」でした。

はじめはコラージュから始めたようです。

彼の写真は背筋がぞっとするほどの

作品も少なくないです。

ロバート・メイプルソープの写真集から

カメラで撮影したので画像が綺麗ではないです。

1986年HIVであるとわかり

1989年この世を去りました。

数多くのセンセーショナルな作品を残して・・・!

彼の作品はもっとグロテスクですが

綺麗な作品のみを記事に貼りました。

彼が追い求めていた「美」とは

何だったのでしょうか?

私はマニアックな作品が好きなので

好きですが、みなさんはどうでしょう?

にほんブログ村 地域生活ブログ 茨城情報へ FC2 Blog Ranking

↑       ↑

いつも応援ありがとうございます。

|

« ガソリン132円でした | トップページ | 稲荷山公園 »

雑記・ニュース」カテゴリの記事

コメント

せいパパさんは多趣味でいいですね。
自分は、芸術的なものには、うといです。
ただ、先月、片岡 鶴太郎の作品を
見に行ってきたのですが
絵は、何か感じるものが
ありましたね。

投稿: ミナト | 2007年9月 8日 (土) 07時47分

ミナトさんへ
片岡 鶴太郎さんの作品見に行ったのですか、私も見たいです。
お笑いの時には芸術家に転向するとは思ってもみなかったです。彼の作品は心が休まる作品が多くて実物はもっと感動したでしょう!

投稿: せいパパ | 2007年9月 8日 (土) 10時42分

こんばんは。ロバート・メイプルソープ、初めて知りました。私も好きです、こういうの。
せいパパさんの世界はホントに幅広いですね!

投稿: てまき | 2007年9月 8日 (土) 21時19分

てまきさんへ
コメントありがとうございます!
あまりにも凄すぎて同僚はビックリしていたけど、共感してくれるとうれしいです!

投稿: せいパパ | 2007年9月 8日 (土) 21時43分

綺麗なものとグロなもの、対照的なんだけど、どっかで繋がるものがありますよね。

グロでも単純にグロなだけでなく、自分の中でグググググッてくるものがあるんですよね。

アートではないですが軍艦島が好きです。
朽ち果てていく物の美しさ?って言うんですかね?
自然の偉大さと言うか・・・

投稿: Rism | 2007年9月 9日 (日) 00時13分

Rismさんへ
そうなんですよ。
彼は他の作家と違うのは綺麗なものとグロイもの、相反する作品を発表している所なんですよ!
同じ目線で被写体に向かっていたと思います。
彼がそこに何を感じたかは凡人の私には理解出来ないですが素晴らしい感覚だと思います!
軍艦島TVで見た事がありますが凄いですね。朽ちて行く様はあるいみアートだと思います!

投稿: せいパパ | 2007年9月 9日 (日) 09時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/296074/7848828

この記事へのトラックバック一覧です: ロバート・メイプルソープ:

« ガソリン132円でした | トップページ | 稲荷山公園 »