« アヴィニヨンの娘たち | トップページ | なまえのない店 »

ホテル・カリフォルニア 歌詞

暗く寂しいハイウェイ
涼しげな風に髪が揺れる
コリタス草の甘い香りがほのかに漂い
はるか前方には かすかな灯りが見える
頭は重く 視界かすむ
どうやら今夜は休息が必要だ
礼拝の鐘が鳴り
戸口に女が現れた
僕はひそかに問いかける
ここは天国? それとも地獄?
すると 女はローソクに灯を灯し
僕を部屋へと案内した
廊下の向こうから こう囁く声が聞こえる

ようこそホテル・カリフォルニアへ
ここはステキなところ
お客様もいい人たちばかり
ホテル・カリフォルニアは
数多くのお部屋をご用意して
あなたのお越しをいつでもお待ちしています
ティファニーの宝石のように繊細で
高級車のように優雅なその曲線美
美しいボーイたちはみな
彼女たちに心を奪われている
中庭では香しい汗を流して
ダンスを踊っている人々
思い出を心に刻もうとする者
すべてを忘れるために踊る者

そこで僕は支配人に告げた
「ワインを持ってきてくれないか」
すると彼は「そのようなスピリットは1969年以降一切ございません」
それでも人々が深い眠りについた真夜中でさえ
どこからともなく 声が聞こえてくる

ようこそホテル・カリフォルニアへ
ここはステキなところ
お客様もいい人たちばかり
どなたもホテルでの人生を楽しんでいらっしゃいます
口実の許すかぎり せいぜいお楽しみください
鏡を張りめぐらせた天井
グラスにはピンクのシャンペン
誰もが自分の意思で囚われの身となった者ばかり
やがて 大広間では祝宴の準備がととのった
人々は 鋭いナイフを突き立てるが
誰ひとり内なる獣を殺せない

気がつくと僕は出口を求めて走りまわっていた
もとの場所に戻る通路を
なんとかして見つけなければ・・・
すると 夜警がいった
「落ち着いて自分の運命を受け入れるのです
チェック・アウトは自由ですが
ここを立ち去ることは永久にできません」

上の歌詞はイーグルスのホテル・カリフォルニアの

歌詞ですが、曲のイメージとは

大きくかけ離れた、意味深な感じを受けます。

歌詞を始めて知ったのは今から15年くらい前です

その後はメッセージ性の高い曲を

好んで聴くようになった思い出の曲です。

歌詞の中で目を引くのは歌詞の最後の部分だと思います

チェックアウトは自由だけど外には出られない!

強烈なインパクトがあります。

堕落して行くアメリカを描いた曲です。

それとロックが商業化されて本来とは

違う方向に進んでいるのを皮肉った歌詞でもある。

1969年以降酒を扱っていないと言う歌詞が

そうです、1969年にウッド・ストックが開催されて

から、ロック魂を持ったバンドが存在をしない事を

嘆いて酒と魂をスピリットと例えています。

ホテル・カリフォルニアは楽しい所

でも1度足を踏み入れると

もう後戻りが出来ない

現代にも当てはまります

楽しいと思って始めたが辞めるに

辞められなくなってしまう事が

そこから堕ちるのを待つだけです。

ホテル・カリフォルニアはいつ

あなたの目の前に現れるか分かりません。

チェックインできますか?

1976年の名曲

イーグルス ホテル・カリフォルニアです。

Eagles-Hotel California PV動画

にほんブログ村 地域生活ブログ 茨城情報へ FC2 Blog Ranking

↑いつも応援ありがとうございます。

茨城情報1位です!

|

« アヴィニヨンの娘たち | トップページ | なまえのない店 »

雑記・ニュース」カテゴリの記事

コメント

この曲好き!
歌詞の意味を知ったのは何年前だろう?
夜中にやってた音楽番組だったと思うけど・・・

ホテル・カリフォルニア
さしずめ、仕事とネットかな?・・・特にここ(苦笑)

仕事はね、一人だから、大好きな音楽と大好きなコーヒーの香りと、お客様の笑顔に包まれて・・・もう、大所帯には戻れないね。

それから、せいパパ、記事書きすぎ!
日々変わっているから、つい来てしまう!

追伸、これから夏本番です!
体に気をつけて押し寄せてくるお客様を捌いて下さい。
私は今年の夏もお客様とまったりとした時間をエアコンの冷気とコーヒーの香りとボサノバ(などなど)の中で過ごすと思います。
あ~、店が「ホテル・カリフォルニア」?

投稿: Rism | 2007年7月31日 (火) 15時39分

せいパパさん、こんばんは。
曲は耳に馴染んでいますが、
歌詞の内容は初めて知りました。
曲に対するイメージが変わりましたね。
もっとノンキなホテルだと思っていた…。
でも、行ってみたいです。
ちょっと『トワイライトゾーン』な感じ♪

投稿: ameya | 2007年8月 2日 (木) 00時05分

rismさんへ
ホテル・カリフォルニアへようこそ!
今日、店長になりました。
毎日忙しくてストレス発散がこのブログになっているみたいです。
私もホテル・カリフォルニアにチェックインしてますね。

投稿: せいパパ | 2007年8月 2日 (木) 01時06分

ameya さんへ
私も、このブログがホテル・カリフォルニアになっています!もう抜けだせないかも。
記事がだんだんマニアックになって来て、もう止められません!そのせいかランキングも下がり気味みたいで・・・。

投稿: せいパパ | 2007年8月 2日 (木) 01時12分

店長ですか・・・固定給ですね(--;)
せいパパも仕事場がホテル・カリフォルニアかも・・・。
早めにルームチェンジした方が良いですよ(爆笑)・・・

投稿: Rism | 2007年8月 2日 (木) 13時43分

rismさんへ
仕事もブログも抜け出せそうにありません・・・。
気がついたらチェックインしてました・・・。

投稿: せいパパ | 2007年8月 2日 (木) 14時08分

自宅でSOHO中にたまたま立ち寄らせて頂きました。この曲はアメリカ人の友人に聞いても「ベトナム戦争への反戦歌である」とか「宗教についての歌」だとか色々な解釈があるようです。私も当初から不思議に思い、色々調べてみましたが納得できる説明はできずじまい...とあきらめかけたところに、なんと「アメリカにあるホテルカリフォルニアと呼ばれる重犯罪者用刑務所で刑期を終えた日本人が書いた自伝」に遭遇し、全てが氷解しました。そう考えて改めて聞いてみると、意味深な歌詞の一文一文が鋭い刃物のようにリスナーの胸を突き刺すように感じられるような気がします(自分だけでしょうか)。ところでDeep Purpleの「紫の炎」という曲どう考えても「核戦争」についての曲ですよね....やはりロックは奥が深くその歌詞に隠された恐るべきメッセージに戦慄することが本当に多いです...King Crimsonなんて怖すぎて寝れなくなりますよ....

投稿: UFO | 2008年4月 3日 (木) 14時14分

happy01UFOさんへ
コメントありがとうございました。
<アメリカにあるホテルカリフォルニアと呼ばれる重犯罪者用刑務所

そんな所がある事に驚きました
私は自分の想像でしか
歌詞の意味を理解していなかったので
この様なコメントが来た事が
嬉しいです。
ロックはメッセージが
沢山含まれているので
興味を惹かれますね。
キングクリムゾンは
聴きこんで無いので
今度聴いてみたいです。

投稿: せいパパ | 2008年4月 4日 (金) 06時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/296074/7336151

この記事へのトラックバック一覧です: ホテル・カリフォルニア 歌詞:

« アヴィニヨンの娘たち | トップページ | なまえのない店 »